プロフィール

水際

Author:水際
模型とアクアリウム、時々バイク。

ツイッターID
@mizugiwanohito

「modelers gallery」さんに作品を投稿させて頂いてます。
登録名:keccyo
投稿作品一覧はコチラ。

ブロ友募集中。
相互リンクはお気軽に。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

HG G-セルフ パーフェクトパック 完成。
はいどーも。
先月は割と頻繁に更新できてたと思ったのに結局いつも通り間が開いてしまった駄目ブログですが今後ともごひいきに。

そーいえばの先日の日曜から最新ガンダムの"鉄血のオルフェンズ"が始まりましたね。
事前公開されてた絵や情報からあまり期待せずに見たんですけど自分としてはクッソ面白かったです。
キットもガンガン発売されるようですし新しい楽しみが出来ました。


さて。
短期でサクッと終わらせるつもりが結局ダラダラと続いちゃいましたが、よーやくパーフェクトパックの撮影が完了しました。
<フロント>
p08.jpg

<サイド>
p03.jpg

<アサルトモード>
p04.jpg

<リフレクターモード>
p07.jpg

クリアパーツの発光にはブラックライトを使ってます。
いつもならモデラーズギャラリーさんに投稿させてもらうんですけど、今回はG-セルフ本体がおもっきし以前の使いまわしなんで見送りで。
まぁせっかく撮影したんで以前投稿したG-セルフのページに追加って形で載せておこうかなと思ったり。。

そんな訳で予定より遅れたもののパーフェクトパックも終わったことなんで、さっさと次の製作に移ろうと思います。
製作予定品はいろいろあるんですけど、やっぱりトレンドとしては最新ガンダムですかねぇ・・
スポンサーサイト
【2015/10/06 11:22】 | HG G-セルフ | コメント(0) |
HG G-セルフ パーフェクトパック 塗装。
はいどーも。
仕事やらなんやらでバタバタしてたら1週間も間が開いちゃいました。
先週末にネット上で付き合いのある模型仲間の方達とプチ展示会っぽいオフ会をしたんですが、その時に撮影した写真なんかを別途更新時に掲載させてもらおうかなと思ってます。
ちなみにパーフェクトパックはそのイベントに間に合わせるつもりだったのに全然間に合わなかったんですけどね(白目


では気を取り直して前回からの続き。
洗浄→サフまで終わったので順次塗装を進めます。
前回も書きましたけど今回製作してるパーフェクトパックは以前製作した無印セルフに追加パーツとして差し替えるので、色を合わせる必要があります。
毎回製作ごとにメモを取ってるので、それを頼りにどんどん吹きつけ。
20150930085227202.jpg
前回塗装時は特に調色せずに塗料そのままの色で使用したお蔭で気を使う必要がなくて楽です。
ただしマスキングが必要な塗り分けがとにかく多い。
ネット上でも「色分けがシールでカバーばっかりで酷過ぎる」とか「バンダイやる気なさすぎ」等の酷評を散見してましたが、噂にたがわぬレベルです。
まぁそれはパーフェクトパックに限らずGレコ関連のキットはだいたいそうなんですが・・
なんなんでしょうね?
メーカーの内情なんて知る由もないですけど、キットによってパーツ構成や完成度に差がありすぎる気がするんですけど('A`;
最近は足裏に肉抜きがあるのがデフォになってるのでカバカーリーのレビューを見て足裏に肉抜きがないと知った時は「バンダイやるじゃん!」とか思ってしまったとゆー。
閑話休題。

愚痴っててもしょうがないのでどんどん進めます。
一番塗り分けが多い肩装甲はこんな感じ。
20150930085225e45.jpg
でっぱり部分をグレーに塗り分けてるのは無印セルフも2色で塗り分けてたのに合わせるためです。
側面ダクトはアフターパーツを貼りつけてるだけなんで楽ですけど、これの元がただの真っ白なモナカでそれ以外はシールで色分けってのはバンダイさんどーなのよ・・

パーフェクトパック本体もとにかく塗り分け箇所が多いです。
細かい箇所が多いので筆塗りで対処しても良いんですけど、今回はテープとゾルを併用してマスキングしてから吹きつけ。
20150930085226ade.jpg
曲面に貼りつける個所が多数あるんで、少し前にタミヤから販売され始めた曲げて貼れる白いマスキングテープがあると便利です。
ただ素材の問題なのかどーも普通のマスキングテープより接着力が弱いので、何度か押さえつけてやらないと密着しないとゆーか剥がれてくる印象が・・

余談。
今回センサー部分の塗装でメタ色を吹いたんですが、イベントに間に合わせるために慌ててたせいで吹き加減をミスるとゆー初心者みたいなことをやらかして一部パーツを最初からやり直す事態になりました('A`;
↓塗り直しになったパーツたち。
20150930085224eee.jpg
ミスってなかったとしてもイベントに間に合ったかは微妙なところでしたけど、これが完全なトドメになりました/(^q^)\
いくら急いでたとはいえ勢いで作業なんてするもんじゃないですねぇ・・

紆余曲折の塗装が終了したので、スミイレ後に確認がてら無印セルフとドッキング。
20150930085229f8c.jpg
派手だなこりゃ。
そして1ヶ月以内に両側のバインダーはへたって下がる(確信
だってギミックてんこ盛りで中身がぎっしり詰まってるのに、細いアームで連結されてるだけですからねぇ・・
あ。
忘れてましたけど無印セルフに合わせて使用した塗料は下記の通り。
メインの白・・マーズライトグレー(ガイア
塗り分けのグレー・・ファンデーショングレー(フィニッシャーズ
青・・アイスコバルトブルー(ガイア
ノズルの色・・ビビッドオレンジ(ガイア
センサーやパーフェクトパックのフレーム関節・・サファイアブルー(クレオス ※ブラック下地
シールド裏・・ウィノーブラック+ニュートラルグレー(クレオス
シールドクリアーパーツ部分のライン・・ゴールド(クレオス

塗装が終わったのでサクッとデカール貼り。
無印セルフ製作時に使ったのと同じようにコトブキヤなんかのデザインデカールを貼ってイメージが変わらないようにしてます。
20150930085244250.jpg
こーゆーデザインデカールを取り入れるのが結構好きなんですけど、店頭での管理状態が悪いのかコトブキヤやWAVEのデカールは大概劣化具合が酷くてピッタリ貼るのに苦労するんですよねぇ・・運が悪いんでしょうかね?

うるさくない程度にもう少しコーション類のデカールを配置したらクリアパーツ含め全体を艶消しコートして完了です。
続きは次回で。
【2015/09/30 11:44】 | HG G-セルフ | コメント(0) |
HG G-セルフ パーフェクトパック 製作。
はいどーも。
世の中にはシルバーウィークなんてゆー祝祭日の集合体が存在してるようですが、どこの桃源郷やアガルタの話か知りませんけど自分が住んでる世界とは別次元の話なのは間違いないです。
つまりずっと仕事だよコンチクショー。

祝日と言えば。
毎年敬老の日近辺の週末に妻さん側のおばあちゃんをお祝いする食事会が開催されるので今年も行ってきました。
妻さんの実家は親御さんが猫好きなもんだから猫だらけで、しかもいる猫全部が1匹の母猫から生まれてる兄弟とゆー。
そんな子沢山なビッグママがこちら。
20150923100650bbf.jpg

そしてもう結構な年齢だとゆーのにまだまだ現役で、今年も新たな子供が増えました。
2015092310065325f.jpg
2匹ともメスなんですが、この一族では初の青い目。
一体父親はどこの猫なのやら・・
見渡す限り田んぼしかないようなド田舎だから基本放し飼いで自由にさせてるのでたまに事故や病気で亡くなったりしますが、こっちのおばあちゃん一族も出来るだけみんな元気に過ごしてほしいもんです。

さて。
前回まででエーデルワイス号の製作が終わったので今回からはコチラを始めます。
201509231006496a1.jpg
G-セルフのパーフェクトパックです。

G-セルフと言えば去年の11月に大気圏内パックを装備したやつを作ってるんですよねぇ。
2015092310065139d.jpg
個人的にはコレが結構気に入ってるんで、今回は仕様が変更されてる部分だけを追加で作って差し替えるってことにしようかなと。
ってか、そーゆー人向けにパーフェクトパック一式だけで販売してくれれば良いと思うんですが。
え?宇宙用パック?・・う、頭が・・

冗談は置いといて今回使用する部品だけササッと切り出し。
201509231006482e4.jpg
内容としてはパーフェクトパックとエフェクト、あとは肩装甲と腰サイドアーマーですね。
左右の平手が新規でついてるのは非常にありがたいんですが無印製作時にアフターパーツで作っちゃってるんで今回は使わないです。
余剰パーツで普通に無印Gセルフが組めちゃうんで、積んでる宇宙用パックと組み合わせると普通にもう1機作れちゃうなぁと思ったんですが作る余裕もないんで考えないことにします←

そういえばGレコシリーズのキットはどれも肉抜きが酷くて毎回処理が面倒なんですが、今回はこんなものを使ってみることにしました。
20150923100720f99.jpg
Mr.ホビーのSSP・・瞬着パテってやつですね。
結構前に買ったきり使ったことがなかったのでテストがてら使ってみようかなと。
商品としては粉(※シッカロールらしい)にシアノン系接着剤を混ぜることで"ねるねるねーるね"っぽいパテを作って盛るだけなんですが、瞬着パテなんて言うだけあって乾燥・硬化までが恐ろしく早いです。
一番最初に粉2杯分まとめて混ぜたら使う前に全部固まりましたw

今回使用する部品で肉抜きを埋めるのはシールド基部/パーフェクトパックのアーム関節部・上部パーツの裏側で、肩装甲の前側にあるでっぱりの裏もついでに埋めておきました。
20150923100719d41.jpg
シールドの裏はいろんな意味でとにかくスカスカなんですが、それはまぁ適当にディティールパーツをくっつけてどーにかするってことで。
ちなみに硬化後の削りやすさですが、やや硬い気もしますけどそれなりに削れます。
あとは気泡がちょっとだけ気になりますかねぇ・・
混ぜるときの配分で全然良かったりもするんですが、まだ感覚が掴めてません('A`;

無印に差し替えでパーフェクトパックを製作するときに合わせ目を消すパーツはたったこれだけ。
20150923100717e26.jpg
肩装甲が形状的に嫌らしいですなぁ。
無印肩装甲と同様にパーフェクトパック肩装甲にも側面にダクトノズルがあるんですが、ここはMSGなんかのアフター品を付ける方が楽で見栄えも良いと思います。

この後クリア以外の全パーツを#800相当のスポンジヤスリで擦ってヒケ処理をしてから洗浄し、サフ吹きつけ。
出来れば今週末の土曜にある東海の模型オフ会に持っていきたいんでさっさと進めますよ。
次回に続きます。
【2015/09/23 14:59】 | HG G-セルフ | コメント(2) |
HG G-セルフ 完成。
製作途中がろくに紹介できてないですけどG-セルフ完成&撮影完了です。

ブログ用

他の写真はいつもながらモデラーズギャラリーに投稿させて頂いてるのでそちらで見て頂ければと。
→MG「HG G-セルフ」
最初に投稿してからやたら画像が暗く感じたのでライティングやカメラの設定を変更して再度撮影した画像に差し替えました。

さて、G-セルフも終わったことですし次の製作に入ります。
今度はもう少し詳細をブログにアップしながら製作しようと思います('A`;
【2014/11/30 15:52】 | HG G-セルフ | コメント(2) |
HG G-セルフ 塗装・デカール。
毎度毎度更新の間が空きまくってますが、前回の更新で加工が終わったG-セルフの続きです。

まずはクリア以外の全パーツに#1200のサフを吹き、順次塗装していきます。
今回は指定色からややアレンジして暗め&濃いめの配色にするつもりなので、メインの白部分にはガイアカラーのマーズライトグレーを吹きつけ。20141127155630f68.jpg

青パーツはアイスコバルトブルー、赤パーツはブライトレッドを使用。どちらもガイアカラー。
20141127155629c16.jpg
余談ですが、全体的に塗膜や隠蔽力が強いイメージが強いガイアカラーですがどうも赤に関してはやや隠蔽力が弱いような。
確かバーチャロンカラーのローズブライトレッドなんかは発色・隠蔽力ともに強めだったんですけどオレンジがかった色なので、それを下塗りしてから本命の色を重ねると目的の色に薄く早くたどり着けるかなと思ったり。

関節やシールドの裏はウィノーブラック+ニュートラルグレーで調色した塗料を吹き付け。
20141127155628c47.jpg
あ、写真撮り忘れてますけど黄色部分はガイアのサンシャインイエロー使いました。

全体の大まかな塗装が終わったのでここからマスキングして塗り分けです。
2014112715560871e.jpg
ただでさえ塗り分け箇所が多いのにアレンジで装甲の塗り分けを足してるのでマスキングだらけだったり。
ちなみにマスキングはテープとゾルを併用してます。
自分の場合直線部分はテープで曲線はゾルってパターンが多いです。
塗り分けだらけの頭部だとこんな感じ。
20141127155610e02.jpg
ゾルだと境界線がどうしてもガタついたりすることがありますが、曲線部分で段差がある箇所ならスミイレでほとんどわからなくなるので自分程度には題ないかなと。

塗装が終わったので後ハメ箇所を含む接着パーツをどんどんはっつけていきます。
20141127155607d19.jpg
バックパックのノズルなんかは元の状態からするとなかなか派手な感じになってくれてます。
製作途中の画像を見た模型のお知り合いな方々にバレまくりでしたけど配色のイメージはF91です。

肩側面のノズルもバックパック同様接着。
201411271556052f0.jpg

そんなこんなで一旦くみあがったのがこちら。
201411271556323e4.jpg
最初にイメージしてたより青が濃いめになりすぎましたけど違和感はないのでまぁOKってことで。

今度はデカール貼りつけ。
2014112715565162b.jpg
余り物のデカール各種を適当に配置してます。

バックパックはこんな感じ。
20141127155649f01.jpg
以前はとにかく情報過多なくらいペタペタ貼りまくってましたけど、途中からうるさくかんじるようになったので最近は出来るだけポイントをおさえて少なく効果的な配置を模索してます。
少ない方が楽ですしw

デカール後に時間をおいてシルバリングチェック・修正をしたら全体をガイアのフラットコートで艶消しコートして完成です。
201411271556548ec.jpg
随分駆け足な工程紹介になっちゃいましたけど次回は完成品のちゃんとした撮影で終わりです。
【2014/11/27 17:54】 | HG G-セルフ | コメント(2) |
ホーム ススム