プロフィール

水際

Author:水際
模型とアクアリウム、時々バイク。

ツイッターID
@mizugiwanohito

「modelers gallery」さんに作品を投稿させて頂いてます。
登録名:keccyo
投稿作品一覧はコチラ。

ブロ友募集中。
相互リンクはお気軽に。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

  • 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
1/35 Ma.K. ルナダイバー+にゃふす(ルニャ・ダイバー) 製作続き。
はいどーも。
2016年も残り10日となり年末も差し迫ってまいりました。
忘年会シーズンから年末年始の連休や新年会といったアルコール漬けになるイベントが目白押しのボーナス期間だったりするわけですが、飲み過ぎで体調崩したりだけはしないように気を付けないと(戒め
時期的にそろそろ年末最後のご挨拶をされてるところも多いと思いますが、ウチは頑張ってもう少しだけ年内も更新を続けていきますよー。多分。


さて。
前回更新ではサクッとルナダイバーの全体を組み上げにゃふすとのバランスを確認したところでした。
今回は続きとしてシートのミキシングやらを進めていきます。
まずはルナダイバーのシートとにゃふす基部パーツをぶった切って組み合わせます。
201612191224375be.jpg
シートの後ろにはクシャトリアのバインダー隠し腕に使われてるパーツをショート加工してハッチの開閉機構として流用。
ただそのままだと元々のシート固定部分が邪魔になったので、プラ角材で位置調整もかねてシートレール(?)を作り直しました。

次にハッチを開けた時にスカスカになってしまうコックピット周りにジャンクパーツをどんどん貼り付け。
20161219122436f33.jpg
山のようにあるジャンクパーツからフィッティングをしつつ適当にカットしてサイズを合わせてシアノンでどんどん接着。

ハッチ開閉機構の基部も位置確認をしながら作成。
201612191224355d0.jpg
こーゆー類の作業は今まであまりやってなかったんですけど、自由度が高くて楽しいですねぇ。
ただしセンスが問われるので悩みどころだったりもしますけど。

暫定状態でハッチの開閉を確認。
2016121912251937e.jpg
開いてる穴にケーブル突っ込んだりとかディティールはもう少し追加予定ですけど、元のスッカスカを思えばハッチオープン状態でもなんとか実が詰まった感じになってくれました。

ハッチ閉じ。
20161219122521a8e.jpg
良かった、ちゃんと締まる←
いや、確認してるとはいえ切った貼ったはほとんど目分量で行ってる適当野郎ですからねぇ。
そこかしこがちょっぴり歪んでたり傾いてたりするのはご愛嬌ってことで。テヘペロ☆
ちなみに元のキット状態だと開閉するハッチ前方に開いてるスペースまで一体形状でしたけど裏側に計器類までついちゃってるのでカットしてハッチと分割させました。


まだ多少見えちゃう隙間は何か適当に詰め込んで気にならないようにするとして、そろそろ接着箇所の合わせ目を消して後からではやりにくくなるであろうコックピット内や機体内側の塗装を始めちゃおうと思います。
そんな訳で次回に続きます。
スポンサーサイト
【2016/12/21 13:04】 | 1/35 Ma. K.ルナダイバー+にゃふす | コメント(0) |
1/35 Ma.K. ルナダイバー+にゃふす 製作開始。
はいどーも。
皆さんカラオケお好きでしょーか?
前回冒頭ネタだった忘年会話の続きにいなっちゃいますが、忘年会の二次会って大概カラオケってパターンが多いんじゃないでしょーか。
ウチの職場も間違いなくその流れなんですけど、そーゆー場でまったく歌わない人もいますよね。
理由はどーあれ歌いたくない人に歌の催促や無理強いなんて当然しませんけど、場の流れで二次会に来たものの聞いてるだけになっちゃうとつまらないだろうなぁと毎回なんだか申し訳ない気分になっていたり。
ところが今年は歌わない側の人で他の毎回歌わない子なんかを誘ってカラオケ組とは別口で二次会をやろうと計画してるって話を小耳にはさんだのですよ。
歌わない側の人に申し訳ない気分になってたコチラ側としてはお互い楽しめるなら二次会だし別行動でもまぁ良いかなと前向きな意見として捉えていた・・んですが、よくよく聞いてみると裏がある話だったみたいでして。
その別口案を計画してるのは40代前半独身の婚活中な人なんですけど、どうも最近新しくウチの職場に入ってきた女の子達と仲良くなるきっかけ作りとして少人数で会話できる場を作るために画策しているとのことで。
なんか前回のオッチャンといい職場内の女の子にちょっかいかけたがる人多いなぁ('A`;
何はともあれ歌わないとゆーネガな部分を逆手にとって自分に利益がある場を作ろうとする根性はたいしたもんだと思うんですが、そもそも新人の女の子たちがカラオケ好きだった場合すべて破綻するような気が・・まぁ当日どうなるかは判らないですけど問題起きない範囲なら好きに行動してくださいとゆーことで。


さて。
前回で筆塗り習作の製作だった1/20 ニパ子が終わってるので、今回からまた違うものを製作します。
お題はコチラ。
20161215082844db8.jpg
1/35 ルナダイバー スティングレイです。
でっか。
箱めっちゃでっか。
自分にとって初の1/35サイズなマシーネンですけど、それでもこの大きさとは。

中のランナーはこんな感じ。
201612150828439c1.jpg
どさっとあります。
ガンプラでMGとか頻繁に作ってる人からすれば「この程度で多いとか言うな」と怒られちゃいそうですけど、普段小パーツ構成のキットを作ることが多い自分としては眩暈がしそうなパーツ量です。
ちなみに箱絵に載ってる宇宙用スーツ2体(プラウラー?)も1/35サイズキットで付属しているお得な内容だったりします。

まずはとにかく手を動かします。
パチパチ切り取ってドンドン接着していきます。
2016121508284138a.jpg
わーい、あっとゆー間にほぼ形が出来上がりました。
まぁファルケなんか作った時もそうでしたけどパッと見のランナーにボリュームがあっても大型パーツが多いのでいざ切り出して作っていくと意外とすぐ大まかな形としては出来上がるんですよねぇ。
当然細かなディティールパーツも多い訳ですけど、ガンプラみたいに細かな塗り分けを考えながら計画立てて製作しなきゃいけないことを思えばほぼ脳死で組んでいける手軽さ※言い過ぎ
ただしガンプラのようなパーツ精度を求めてはいけないのでそこかしこの変な隙間を埋めては削る戦いが後に控えているんですけど。

で。
実は今回普通にそのままルナダイバーを作るつもりなんざさらさらなかったりします。
じゃあどーするのかって?
こちらを組み合わせるのですよ。
20161215082841e3b.jpg
マシーネンファンの方にはお馴染み(?)の人気商品、にゃふすを組み合わせて製作します。
商品写真を見ても判る通り本来は1/20のスーツ系に組み合わせるアイテムなんですが、今回はこれを1/35ルナダイバーと組み合わせて作ることで「人間用ではなく宇宙猫用に製作されたルナダイバーならぬ"ルニャダイバー"(1/20サイズ相当)」として製作を進めていくのです。
・・我ながらヘンテコなこと思いついたなぁ。

とりあえずにゃふすパーツをマジックリンで脱脂洗浄後、イメージを掴むため乗っけてみる。
20161215082839c2e.jpg
うわぁ、自分が思ってたよりもピッタリな大きさのバランス。
コックピット部分ににゃふす一式を乗っける=見えないと意味がないのでハッチをオープンにしないといけないんですけど、写真で分かる通りスッカスカなので周りをゴチャメカで詰め込んでしまわないと。
あとはハッチ自体を開閉出来るジャンクパーツも探さなきゃ。


製作の方向性はだいたい定まってるので、毎度ながらあとは作業にあてれる時間の確保が一番の敵だったり。
そんなこんなで次回に続きます。
【2016/12/15 14:39】 | 1/35 Ma. K.ルナダイバー+にゃふす | コメント(0) |
ホーム