プロフィール

水際

Author:水際
模型とアクアリウム、時々バイク。

ツイッターID
@mizugiwanohito

「modelers gallery」さんに作品を投稿させて頂いてます。
登録名:keccyo
投稿作品一覧はコチラ。

ブロ友募集中。
相互リンクはお気軽に。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

製作環境を晒すの巻。
はいどーも。
知識が足りません。
・・は?と言われそうだしその通りだと思いますが、知識が足りないのですよ。
すっごく今更ですけどここ最近ツイッターの利用割合が非常に高いのでせっかくだからブログの方にも絡めていきたいんですが、何をどうしたら良いのかさっぱりわからない。
例えばブログ管理者のところにフォローのボタンをつけたりだとか、ツイートがリアルタイムで反映される欄の設置とか。
とりあえず知識が足りないなりにブログの設定ページなんかを眺めて連携の設定だとかやってみたんですが、結局拍手ボタンの横にツイートのボタンを設定できた程度とゆー。
まぁ今のシンプルな状態のブログも気に入ってるのでいきなりあれこれやり過ぎてゴチャゴチャになっちゃうのは避けたいので、少しずつ知識の補充も設定変更もやっていこうと思います。


ところで。
ツイッターに絡んだ話ばかりでアレですが、このネット上なのにひっそり引き篭もってるブログのことをちょろっと宣伝してみたところ当人の予想に反して結構沢山の方に覗いていただけたようで嬉しいばかり。
こりゃ更新途切れさせちゃいかんと思ったんですけど今製作中の物がまだ記事に出来るほどのネタになっていないので、場繋ぎにはなりますが今回はちょっくら製作環境のご紹介でもしてみようかなと。
だってほら、作業環境ネタって意外とウケが良いみたいですし(ゲス顔

いやらしい話は置いときまして、ワタクシの作業スペースはこんな感じ。
201702090828250a4.jpg
広さ3畳半の書斎部屋で中央の作業机に右側はPCデスクがあり、写真に写りきってないですけど左側は塗装用のブースになってます。模型やミニチュアの作成・塗装時に参考写真をPCやI Padで表示して確認しながら作業できるので助かってます。
あと作業中のBGMをPCからI tuneで垂れ流したりとか。

塗料や備品類は背面。
201702090828246a8.jpg
回転椅子で振り返ればすぐに必要な物がとれる適度な狭さ。
一番奥の角には人気ガラス棚の「IKEA デトルフ」を設置してますが、ディスプレイ用としてではなく塗装途中のパーツやミニチュアの埃よけ一時置場として使ってたり。
元々はディスプレイ用として購入したんですけど知ってる人も多い話で前面の隙間からかなり埃が入り込むので何かを長期で飾るのには向かないんですよねぇ・・まぁ勿体ない使い方ですけど一時置きとしては大活躍。

作業机上のメイン環境。
20170209082823283.jpg
写真ではスイッチ付けてないので暗く感じますが、口コミなんかで評判が良かったので購入した山田照明のZライト(LED版)で上から照らして作業します。
あとは作業机に固定してあるwave製の卓上ルーペ(倍率3倍)にもLEDライト付き。
目があまりよくないもので、基本的にゲート処理からやすり掛けでも何でもルーペ越しに作業してます。
ルーペ越しの作業なので慣れも必要かもしれませんけど、直径9cmでアームがフレキシブルなので使いやすいですし個人的には無い状態での作業はもうムリかも。
中央にドスンと居座ってるのはスジボリ堂のパーフェクトアイズ(実態顕微鏡 8倍)です。
今まで1/20のフィギュア作成時に瞳の描き入れは3倍のルーペでなんとかなってましたが、去年からミニチュアの塗装をちょこちょこやるようになってからは色々厳しかったので年始に思い切って購入してみました。高いですけど。
結果としてキングダムデスミニチュアシリーズの瞳の描き入れや細かい箇所の確認で大活躍してるので買って良かったです。高いですけど。

作業机の奥。
20170209082822567.jpg
100均で購入した物を組み合わせて使用頻度が高い工具やら道具やらを整理してます。
教えてもらって購入したseriaの斜めにさせるペン立てはかなり便利で、大量にあるワニグチクリップ付きの串やちょっとしたレタッチに使うガンダムマーカーやコピック、あとはデザインナイフなんかも取り出しやすい状態で収納しておけます。
右側のベニヤ板に挟まれた収納は100均ペン立てを強力両面テープで貼って作った自作品で、スティックやすりの予備やピンバイス等の比較的重量が軽くて小さい工具類を突っ込んであります。
作業机にちょろっと写ってるのは筆塗り時の必須用品でブラシエイドと筆洗い用の水、あと見切れてるタッパーはスポンジを敷き詰めた自作ウェットパレットです。
自分としてはどれもこれもないとシタデルカラーの筆塗り作業が進みません。

続いて作業机正面奥。
201702090828529eb.jpg
使用頻度が高い消耗品と筆なんかをメインに配置。
筆は文盛堂とウィンザー&ニュートンのミニチュアシリーズをメインに使用。
モデルカステンのアイフィニッシャーは一応持ってますけど個人的には使用感が合いませんでした。
あとタミヤの面相筆・超極細は高いだけあってなかなか良いと思うんですけど、グリップの形状がなんだか使いづらいので結局ウィンザー&ニュートンを使ってしまったり。
下の方に見切れてますけど筆が立ててあるのはwaveの斜め設置できる塗料皿です。
基本的に筆塗り時はウェットパレット上に塗料を出してやってますが、瞳の描き入れ等で希釈具合をしっかり調整したい時は塗料皿上に塗料を出してスポイトで水を足してやってます。
ちなみに筆洗い用の水だとブラシエイドが混ざっていて泡立っちゃうので、希釈には別の水を用意してます。

作業スペースの一番左。
20170209082852514.jpg
塗装ブースとエアブラシコーナーです。
家を建てるときに最初からこの部屋は模型関連の作業部屋にすると決めてたので、追加オーダーで設置してもらった換気扇に塗装ブースをホースで直結してあります。※自作
塗装ブースはクレオス製ですが、市販のままだとメンテから構造まで問題多数なので色々改修してあったり。
例えば中のフィルターを汎用のレンジフィルターがつくように網を取り付けたりとか、がたつく部分の補強や接着をしたりとか。
あと塗装ブースの上部に安物LEDライトもつけてあるので、塗装時には明るい状態で吹きつけ具合の確認が出来ます。
エアブラシはクレオスのL5コンプレッサーにハンドピース口径0.3と0.5の2本を使用。
サフやメタ色は0.5、それ以外は0.3って感じ。
ちなみにコンプレッサーはプラ段で自作した防音・防振のボックスに入れた状態で机の下に設置したワゴンに置いてあります。
キムワイプなんかのキッチンペーパーは机の下に横向き設置してあるのですぐに取り出せるのがとても便利。
ワゴンの引き出しの中に艶消しや捨てサフ用の缶スプレーを収納してます。

最後に背面の塗料たち。
20170209082850cc4.jpg
ラッカー塗料各種をおおまかな色のジャンルごとにwaveのペイントラックに並べてます。
・・なんだかwave製品の使用率高いなぁ。
右の引出はホームセンターで購入した安物を分解して棚の大きさに合わせて組み合わせ直したやつ。
シタデルカラーや違うメーカーの水性塗料、あとは調色して瓶に作ってあるものやら油彩やら・・とにかく色々なものは引出って感じで。
写真上の方に写ってるプラスチックのトレーは中にサイズを合わせてカットした発砲素材をハメてあり、塗装時にパーツを取り付けたワニグチクリップ付きの串を挿すのに使ってます。
パーツ数が多い模型なんかで同色を塗装するパーツごとにトレーを分けて扱えるので個人的には非常に便利。
塗ったら小分けのトレーごとに一時置き用のデトルフに収納したり取り出したりして作業してます。


ダラダラっと書いてきましたが、おおまかにはこんなところでしょうか。
部屋内のいろんな隙間に各種マテリアルの予備やらジオラマやベース作成時に使うものが多数詰まってますがキリがないので割愛。
使ってる工具類の紹介やらレビューなんかもそのうち書けたらなと思ってます。
ってなわけで今回はここまで。
次回の更新内容は製作関連になる予定。多分。
スポンサーサイト
【2017/02/09 11:57】 | 雑談 | コメント(2) |
2016年 総括。
はいどーも。
皆さん今年も残すところあと数時間となりました。
やり残したことはありませんか?・・って、んなもんやり残したことだらけに決まってると思いますが、そーいった反省点も踏まえて来年はより良い一年にしたいですね。

ちなみに自分は今日慌てて水槽の今年最後の水交換と濾過槽の掃除をしたり
201612311816110c3.jpg
年末くらいはと車を洗ったり
20161231181615b59.jpg
ついでにバイクも冬眠準備と掃除をしたり2016123118161474e.jpg
・・なんてことを慌ててやってたせいでブログの更新が予定より遅れる始末。
まぁ間に合ったから良しですよ。

さて。
それでは今年製作したものの写真をズラズラっと並べます。
co03.jpg
ゴーグル01
グラジ04
ダンボーズ05
二パ子01
風に吹かれて01
・・うーん、例年に比べるとかなり少ない。
まぁ仕事がひどい忙しさだったりそれで倒れて入院したり色々あったにしては頑張ったとゆーことで。

あと、実はこんなものも完成してました。
2016123118181294b.jpg
1/20サイズの三日月・オーガスです。
実は「風に吹かれて」のオッパイお姉さんと並行して製作してたんですけど、こいつの製作過程紹介は年始一発目にでもさせてもらおうかなと思ってます。

非常にあわただしい更新となりましたが、今年最後のまとめが出来てほっとしております。
今年新たにリンクさせていただいたサイト様もあることですし、暇つぶし程度に覗きに来てもらえるように更新を続けていきますのでここを訪れてくれるニッチな層の皆様は来年もよろしくお願いいたします。
さぁ、ダウンタウン見ながら年越しをすごそっと。
【2016/12/31 18:29】 | 雑談 | コメント(6) |
LED付きコレクション棚をインプレ。
はいどーも。
最近どこに出かけてもクリスマスムードを強くなってきてますよね。
もとい、クリスマス商戦ムードが強くなってますよね。
そこかしこから「リア充爆発しろ(^ω^#)」と呪詛が聞こえてくるシーズンでもありますが、考え方を変えてみるとクリスマスセールで色んなものが安く買える良いシーズンだったりもするんですよ。
さぁ今がチャンスです、みんなで停滞した日本経済に貢献しようじゃないですか!

・・なんて話を妻さんにしたかどうかは定かではありませんが、つい先日おっきなお買い物をしてみました。
20161202082850c3b.jpg
組み立て式のLED付コレクション棚、アマゾンでお値段4万7千円です。
ちなみにクリスマスセールの値引きなんてものは全然されてなかったりします。テヘペロ☆

購入の理由として一番は写真にも写ってる猫たちのいたずら防止だったり。
今まで完成品を飾ってた棚はコチラ。
201612020828473cd.jpg
一応埃よけや猫のいたずら防止でイエローサブマリンのケースを使用してたんですけど、お値段なりのケースで頑丈とは程遠いので猫が乗ったりぶつかったりするとひとたまりもないんですよねぇ。
写真の状態でもすでに下段に飾ってあった物をだいぶ撤去した状態だったんですけど、最近どんどんいたずらが激化してるのでこれ以上ムリぽと判断し思い切って購入に至ったわけであります。

そんな訳で早速組み立て。
20161202082849ee5.jpg
LED照明がついてる以外は大型量販店でよく売られている組み立て式の棚と全然変わりません。
両側面にテープ状のLED照明を貼る溝が切られているので、それを貼るだけです。
組み立て時の注意点は扉や棚板がガラスの為重いので腰痛注意ってことくらいでしょうか。

特にトラブルもなく完成。
20161202082846bb1.jpg
中が上下段に分かれててそれぞれに簡易タイプのカギがついた観音開きのガラス扉となっています。
組み立てにかかった時間は男一人でちんたら作業して2時間そこそこといったところ。
むしろ時間がかかるのはその後の作品ディスプレイと、大量に発生する梱包材の処分だったり('A`;
ちなみに大きさは高さ182・横幅83・奥行39で、結構デカいです。

自分としてはこの商品を選んだ一番のポイントが奥行で、中の奥行きが35.5cmあるのでディスプレイベース付きの大きめな作品でも余裕を持って飾ることが出来ます。
20161202082848e56.jpg
袖付き御一行を飾っても安心の広さ。
テープ状のLED照明は組み立て中大丈夫か不安でしたけど、びっくりするくらい明るいです。

家中のいろんなところに分けて飾ってた作品たち大集合。
20161203011417c2e.jpg
まだ全部収納したわけじゃないんですけどかなりの収納量です。
1/144のHGなら奥行があるので奥に3体くらいずつ収納できるんじゃないでしょうか。
まぁ見えなくなっちゃいますけど。
商品としては上下段それぞれに中のガラス棚板が3枚ずつ計6枚あるんですけど、ディスプレイスタンドに乗せたりMGサイズの模型を飾ろうと思うと棚板全部は使えない感じになりますね。
写真でも4枚しか使って無かったり。
高さがあまりないスケールモデルを飾る場合は棚板数をフルに活かせるかもしれませんね。

新しい棚に猫達も興味津々で周囲をうろうろ。
201612030114146bf.jpg
良し悪しですけどガラス板で重量がかなりあるので、猫達が棚に体をこすり付けても中の作品たちはピクリとも動きません。
側面の板はそのうち爪とぎされちゃいそうな気もしますけど、まぁそれは猫飼ってる以上しょうがない話ってことで。
4万7千円って金額自体は安くないですけど、この大きさのディスプレイ用棚だともっと高価な物が多いので自分としては大満足の商品でした。

余談。
奥行きが29cmで良ければ組み立て済みで設置サービス付きな上ゴミまで持ち帰ってもらえる棚もあったので、奥行にこだわらなければそっちを買う方が断然お得だと思います。
お値段も3万くらいでしたし。
【2016/12/05 14:53】 | 雑談 | コメント(0) |
SF3D 金沢ミーティング 当日。
はいどーも。
10回目です。
初の10回目です。
1ヶ月内の更新回数が初めて10回を超えますよ。
ブログ始めて2年以上経ってるのに3日に1度のペース更新したのが初めてなんて今までどれだけちんたら運営してきたのやら。
まぁ途切れて放置されてないだけ良いじゃないかとゆーことで。


さて。
現実の流れから2日遅れになりますが先日11月27日に石川県金沢市で開催されたSF3D金沢ミーティングに参加してきました。
ツイッター上で運営スタッフの方の告知をたまたま見かけてRTしたのがきっかけでしたが、丁度グラジエーター製作中だったこともあってこれも何かの縁だろうと思いまして。

当日はあいにくの雨模様でしたが遅刻することなく会場の金沢市民芸術村アート工房に到着。
2016112812380608c.jpg
早速会場入りするとみなさん慌ただしく展示準備の真っ最中でした。

会場は想像してたよりかなり広く、そしてアーティスティックな階段状の構造。
20161128123935009.jpg

そして運営スタッフの方に声をかけて展示方法の説明を受け、自分も作品を展示。
20161128123801c22.jpg
前日に銘板もどきを作った時にセットでブログとツイッター垢のQRコードが入ったプレートを作っておいて良かったです。
まぁアクセスしてくれた人がいるのかは定かではありませんが←

まだ展示準備中の方も多数いましたが9時過ぎに開場・・ってかずっと入口は開いてたかんじでしたけど。
201611281240055d3.jpg
なんとゆーオシャレ空間。
初の展示会参加がこんな素敵空間とはとても幸せです。
ちなみに自分が参加するとゆーことでわざわざ会場までかけつけてくれた金沢住まいの模型仲間の方によると、元々造船所だったところが閉鎖して一部の建物をこうしてイベント会場として利用してるんだそうな。

会場入り口にはマシーネンファンに有名な1/1のSAFSも登場。
20161128123806a41.jpg
実際に首を通して記念撮影が出来るんですけど大事なところで恥ずかしがり屋が全開になるチキンな水際さん。

昼過ぎには会場に横山先生も到着され、さっそくサイン待ちの長蛇の列が途切れることなく続きました。
順番待ち中に初めて知ったんですけど横山先生はサインに合わせて希望の絵も描いていただけるとのことだったので、自分がMa.K.を好きになるきっかけとなったルナガンスをリクエスト。
そして一緒に記念撮影までしてもらえるサービスっぷりに恐縮しきりであります。
aaa.jpg

サインして頂いた後に自分のルナガンスと並べて記念撮影。
20161128124007a23.jpg
いやもうなんとゆーかこのためだけに来たのだとしても十二分に満足できる幸福感ですよ、えぇ。


展示作品は作風の違いがあれど皆さん圧巻の出来栄えと言いますか、ぶっちゃけ下手な人がまったくいない恐ろしい空間でした。
そんな中でも個人的に気になった作品をいくつか。
・・あ、掲載に問題あればすぐ対応しますのでご連絡ください('A`;

にゃふす等の製作で有名な方のグラジエーターとスペクター。
20161128123934d86.jpg
作品自体の出来栄えはもちろんのこと、グラジエーターの上に腰かけてるオリジナルお姉さんの出来栄えが素晴らしすぎる。
商品されないだろーか・・

ケーニヒスクレーテ。
2016112812380333b.jpg
かっこいい。
超カッコいい。
いつかはキットを手に入れて作りたいけど4万7千円は高いdeath・・
2万くらいでwaveかHasegawaからプラキットでリリースしてもらえないだろうか。

オリジナルの陸戦ガンス。
20161128123803046.jpg
作品説明コメントを拝見したところ、ケーニヒスクレーテのテスト機とゆーオリ設定だそうです。
発想から造型まで全部かっこいい。
積んでる陸戦ガンスをとっても作りたくなりました。

ルナダイバーのジオラマ一式。
20161128124009e38.jpg
工作もさることながらやはりジオラマはストーリー性があって良いですねぇ。
とても参考になりました。

ルナガンスのジオラマ。
20161128123936244.jpg
シーンの設定とゆーか切り取りが素晴らしすぎる。
こーゆーセンスはどこに行ったら買えるんでしょうか。

他にも素晴らしい作品ばかりでしたが、個人的に抜粋とゆーことで。

それにしても今回展示会に参加して他の方々の作品を拝見して一番感じたのは、カスタムだったりオリ設定で手を加えられてる方がかなり多いなぁとゆーことでした。
今まで自分の中でMa.K.はいかにキットの良さを表現出来るかってことがメインだったんですけど、もっと自由に楽しんで良いんだなぁと少し世界観が変わりました。
あと、自分の塗装表現が卑下するほど悪くもなくてちょっと安心したり。

ちなみにコミュ障全開で他の参加者様方とほとんど会話するでもなかった自分は会場内をプラプラしつつこっそりと自分の作品でどれが一番受けてそうか確認するとゆーとても気持ち悪い行動をしていたんですが、結果としてはやはり「彼女がSAFSにきがえたら」を撮影してる方が多かったように見受けられました。
まぁ確かに海辺で爽やかにSAFSのジオラマってちょっと物珍しいかもしれませんしね。
次点はファルケでしょうか。
個人的にはゴーグルちゃんがもう少し受けるかと思ったんですけど、やはり世界観に合わないアニメ調キャラはイマイチってことなんでしょうかorz

そんな訳で参加決定から当日までかなりバタバタと慌ただしく過ぎ去りましたが、得るものが多い展示会に参加することが出来てとても良かったです。


余談。
模型の輸送には破損がつきものなので展示準備中も修理されてる方が多数でしたが、自分は幸いにも帰宅時にルナガンスの真鍮線アンテナが取れた程度ですみました。
今後も展示会に参加するなら安定した輸送方法を検討する必要がありますねぇ・・
【2016/11/29 18:27】 | 雑談 | コメント(2) |
続・準備アレコレ。
はいどーも。
昨日はSF3D金沢ミーティング当日でした・・が、このブログとしてはまだミーティング準備中で現実世界に追い付いてなかったりします。
ミーティングについてはまた後日とゆーことで、時間の流れをさっさと進めましょう。


えー、宿題提出間際の子供の用に前日になって慌てて作業をしております。
まずはずっとほったらかしだったファルケのベース作り直し。
ニススプレーを塗っておいた木板の上にある程度大きさを合わせてカットした100均の芝生風マット。
2016112412150858d.jpg
イメージとしては草原に着陸して愛犬と束の間の安息を得るパイロットのねーちゃんって感じですが、このままでは草の安っぽさで死んでしまいそうなのでどーにかすることにします。

一面全部草ってのも芸がないのでもう少しカットして粘度を盛りつけ。
20161124121641ab0.jpg

そしてテクスチャーペイント塗りつけ。
20161124121640f17.jpg
時間ないことだしもうこれでいいやと思いそう。
いやいや、もう少しどーにかしないと。

とりあえず草と地面の境目が唐突過ぎるので鉄道模型用の草製作セットからターフやら粉やら化学繊維やらを木工用ボンドスプレーを吹き付けて配置します。
2016112812341662b.jpg
だいぶマシになったんじゃないでしょーか※プラシーボ効果含む
ちなみに生え際だけだと不自然なので草マット上にもばら撒いて統一感を出してます。
・・出てるよね?

あとベース作りの合間にファルケ本体も油彩でフィルターをかけ直しておきました。
2016112812341625d.jpg
油彩万歳。
時間があればパイロットねーちゃんの手直しもしたかったけどそっちは結果として間に合わなかったのでした。無念。

次。
今回手直しした3作品に銘板もどきを作ってつけてみることに。
真鍮板で本物の銘板を作れればそれにこしたことないんですけど、技術も知識もないのでそれっぽく出来てればOKってことで。
ちなみに作り方は自分が編み出したわけじゃなくてどっかのスケールモデルを製作されてるサイトに載ってた方法です。
どのサイトだったかさっぱり覚えてないけどありがとうございまーす。

まずはホームセンターで売ってる転写シールを使って銘板もどきに載せる文字を作成。
2016112210063154d.jpg
普通のインクジェットプリンターで印刷出来るシールで、注意点としては写真でも判る通り印刷時の設定で左右反転(※鏡写し)にするくらいでしょうか。
あと出来る限り高画質設定。

で、印刷したシールを金の折り紙に転写。
20161128123452b5f.jpg
転写シールをはがすときに少し水を使うんですけど、金の折り紙は水弾いてくれてへっちゃらだったりします。
すごいぜ折り紙!

次は転写した銘板もどきのサイズにあわせて透明の板をカット。
201611281234505ec.jpg
表側だけでいいような気もしますけど、一応。
ちなみに自分はホームセンターで購入した1mm厚のアクリル板を使いました。

最後に四隅に貫通穴をあけて、真鍮の丸頭クギを通せば銘板もどきの完成。
20161128123449656.jpg
実際の銘板を作る手間がどれくらいなのか想像もつかないですけど、とりあえずこの方法ならある程度お手軽に作れます。
ただしそこそこ手間はかかるかな。
お手軽だけど手間がかかる・・日本語って難しい。

出来上がった銘板もどきをさっそく取り付け。
20161128123419099.jpg
ちゃんとした作品っぽい!多分。

ファルケにも。
20161128123418944.jpg
心の余裕をあらわすかのごとく無駄にスペースが広いですね。
違うんです、もっと大き目な銘板を作るつもりだったのに完成したらこじんまりしてたんです。
でも作り直してる時間がない(※作業が展示会前日)のでこのままいきます。
ちなみにルナガンスの写真は撮り忘れました。

他の展示会準備としてはダンボーmini達を完成させたりグラジ一式を完成させたり諸々あるんですけど、それはまた別の更新で完成写真とあわせてとゆーことで。
そんな訳で次回は展示会当日の様子に続きます。多分。
【2016/11/28 17:37】 | 雑談 | コメント(0) |
ホーム ススム