プロフィール

水際

Author:水際
模型とアクアリウム、時々バイク。

ツイッターID
@mizugiwanohito

「modelers gallery」さんに作品を投稿させて頂いてます。
登録名:keccyo
投稿作品一覧はコチラ。

ブロ友募集中。
相互リンクはお気軽に。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

HG G-セルフ 完成。
製作途中がろくに紹介できてないですけどG-セルフ完成&撮影完了です。

ブログ用

他の写真はいつもながらモデラーズギャラリーに投稿させて頂いてるのでそちらで見て頂ければと。
→MG「HG G-セルフ」
最初に投稿してからやたら画像が暗く感じたのでライティングやカメラの設定を変更して再度撮影した画像に差し替えました。

さて、G-セルフも終わったことですし次の製作に入ります。
今度はもう少し詳細をブログにアップしながら製作しようと思います('A`;
スポンサーサイト
【2014/11/30 15:52】 | HG G-セルフ | コメント(2) |
HG G-セルフ 塗装・デカール。
毎度毎度更新の間が空きまくってますが、前回の更新で加工が終わったG-セルフの続きです。

まずはクリア以外の全パーツに#1200のサフを吹き、順次塗装していきます。
今回は指定色からややアレンジして暗め&濃いめの配色にするつもりなので、メインの白部分にはガイアカラーのマーズライトグレーを吹きつけ。20141127155630f68.jpg

青パーツはアイスコバルトブルー、赤パーツはブライトレッドを使用。どちらもガイアカラー。
20141127155629c16.jpg
余談ですが、全体的に塗膜や隠蔽力が強いイメージが強いガイアカラーですがどうも赤に関してはやや隠蔽力が弱いような。
確かバーチャロンカラーのローズブライトレッドなんかは発色・隠蔽力ともに強めだったんですけどオレンジがかった色なので、それを下塗りしてから本命の色を重ねると目的の色に薄く早くたどり着けるかなと思ったり。

関節やシールドの裏はウィノーブラック+ニュートラルグレーで調色した塗料を吹き付け。
20141127155628c47.jpg
あ、写真撮り忘れてますけど黄色部分はガイアのサンシャインイエロー使いました。

全体の大まかな塗装が終わったのでここからマスキングして塗り分けです。
2014112715560871e.jpg
ただでさえ塗り分け箇所が多いのにアレンジで装甲の塗り分けを足してるのでマスキングだらけだったり。
ちなみにマスキングはテープとゾルを併用してます。
自分の場合直線部分はテープで曲線はゾルってパターンが多いです。
塗り分けだらけの頭部だとこんな感じ。
20141127155610e02.jpg
ゾルだと境界線がどうしてもガタついたりすることがありますが、曲線部分で段差がある箇所ならスミイレでほとんどわからなくなるので自分程度には題ないかなと。

塗装が終わったので後ハメ箇所を含む接着パーツをどんどんはっつけていきます。
20141127155607d19.jpg
バックパックのノズルなんかは元の状態からするとなかなか派手な感じになってくれてます。
製作途中の画像を見た模型のお知り合いな方々にバレまくりでしたけど配色のイメージはF91です。

肩側面のノズルもバックパック同様接着。
201411271556052f0.jpg

そんなこんなで一旦くみあがったのがこちら。
201411271556323e4.jpg
最初にイメージしてたより青が濃いめになりすぎましたけど違和感はないのでまぁOKってことで。

今度はデカール貼りつけ。
2014112715565162b.jpg
余り物のデカール各種を適当に配置してます。

バックパックはこんな感じ。
20141127155649f01.jpg
以前はとにかく情報過多なくらいペタペタ貼りまくってましたけど、途中からうるさくかんじるようになったので最近は出来るだけポイントをおさえて少なく効果的な配置を模索してます。
少ない方が楽ですしw

デカール後に時間をおいてシルバリングチェック・修正をしたら全体をガイアのフラットコートで艶消しコートして完成です。
201411271556548ec.jpg
随分駆け足な工程紹介になっちゃいましたけど次回は完成品のちゃんとした撮影で終わりです。
【2014/11/27 17:54】 | HG G-セルフ | コメント(2) |
HG G-セルフ 製作開始。
3週間ぶりの更新です。
バタバタした生活を送っていたせいですっかり遅くなってしまいましたが、G-セルフの製作を始めました。

まずは頭部の分割変更から。
20141111132352897.jpg
後頭部側中央のトサカ(?)を一旦切り離し、前側に接着して合わせ目消しです。
中央以外は対して目立たないのでディティールと言い聞かせて無視で。
ちなみに切り離すのにはラインチゼルを使いました。

次に横から見た首の中心位置が胸部ブロックの分割線より前側に出ていたのが気になったので、ボールジョイント受け側を削って後ろに1.5mm程移動。
201411111323518a9.jpg
ちなみに首パーツの中を通っているポリ素材のボールジョイント取り付け向きを前後逆にするだけでもお手軽に変更できるってのを加工後に知りましたw

フェイスは基部側を加工することで奥&上に移動し、フェイスラインも少し削ることで標準からはかなり小顔に変更。
20141111132353870.jpg
アンテナも適当なプラ棒を接着して3mm程延長しましたがツンツンにしたら折れたのでリテイクはビビりが入ってやや太めとなってます('A`;

お次は肩側面のまったくダクトにみえないダクトの加工。
単純にくり抜いて、裏にプラ板を挟んでMSGのダクトに置き換え。
2014111113241687b.jpg
ダクト部分から下は合わせ目が出ちゃうので肩装甲は接着するけどダクトは後から接着できるので塗り分けも楽チンです。
まぁすぐ横にある小さなダクトは塗り分け必要ですけど。

続いて足延長をかねて太もも上部の加工。
G-セルフの製作ですでに定番っぽくなってる上部開口&関節ブロック位置変更。
2014111113243281e.jpg
関節ブロックは差し込み部分に3mmのスペーサーをかましてかさ上げ。
バンダイもなんでこんな形状にしちゃったんでしょうねぇ。
MG版が発売されたらMGクアンタなんかの太ももみたいになってるのかなと予想してみたり。

次に靴部分の加工。
つま先を延長しようかと思ったらデザイン的にめんどくさそうだったので中央部分でカット。
20141111132431c9a.jpg
で、プラ板か何か挟み込んで再接着・・しようと思ったら内部フレームっぽいパーツがあるおかげでわざわざ接着しなくても良かったり。
201411111324176c4.jpg
中に簡易ジョイント仕込めばつま先の上下可動も出来ますね。やるかは未定ですけど。
あとは足裏の派手な肉抜きをパテで埋めておきました。

本体の加工はこんなところでしょうか。
合わせ目消しの為の各種後ハメは頭部以外特に書くようなことでもないので省略で。

オマケ。
大気圏内用ストライカーパック(?)の中央ダクトがショボいのでぶった切って肩と同じように置き換えてるんですが、それに合わせてエバグリのモールドプレートを切り出してノズル内のフィンっぽいのを作成。
20141111132414dfa.jpg
それに合わせて他のダクトも同じように用意。
20141111132355585.jpg
HGだとどうしてもディティールが簡素なんで、こーいった細かいところをちょっとやっておくと見栄えが良くなりますねぇ。

大まかな加工は終わったので、サフ・塗装にうつっていきます。
【2014/11/11 14:59】 | HG G-セルフ | コメント(0) |
ホーム