プロフィール

水際

Author:水際
模型とアクアリウム、時々バイク。

ツイッターID
@mizugiwanohito

「modelers gallery」さんに作品を投稿させて頂いてます。
登録名:keccyo
投稿作品一覧はコチラ。

ブロ友募集中。
相互リンクはお気軽に。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

HG FAガンダム(TB版) デカール→表面処理各種→完成。
数日の間があきましたが、FAガンダム製作の続きです。

前回の更新でチッピングまで完了したので、一旦クリアでコートしてからデカール貼りつけです。
20150216092406d5d.jpg
基本的に説明書に掲載されているデカール配置のままで、プロペラントタンクや脛など一部追加で貼ってます。
シールドのEFSFは付属シールほど大きい文字のデカールが手持ちになかったので、ガンダムデカールDXの中で無難なサイズの物を見繕って貼ってます。

続いてフィルタリング。
デカール後にまたクリアコートで保護してからエナメル塗料複数で調色した自家製フィルタリング液を吹きつけ。
20150216092404762.jpg
作り足す度に少しづつ色が変わっちゃってますが、当初はグレーに近かったのが今ではだいぶ茶色になったとゆーか赤味が強くなってきました。

で、クッキングペーパーなんかにエナメル溶剤を湿らせたもので適度に落としたり伸ばしたり。
2015021609240491a.jpg
こんな感じで進めて全体が終わったのがコチラ。
20150216092407bcf.jpg
フィルタリング前までに比べてだいぶ味が出てきたんじゃないかと。

最後にウェザリングマスターを使用して各所のタッチアップ。
2015021609240222e.jpg
バーニアに焼き色やススを付けたり、足回りにちょっぴり汚れを追加したり。
重量下仕様だと液ダレみたいな痕をつけると良いんでしょうけど宇宙だと下に流れるって訳じゃないですし判断に迷いますね('A`;

最後に全体を艶消しでしっかりコートして完成。
201502181352339e2.jpg
いやはや、HGなのになかなかのボリュームですね。
でも部品数は見た目より全然抑えられてるので作ってて感心しました。
肉抜き埋めも展開状態のサブアームくらいしかありませんでしたし。

さて。
いつもならここからもう撮影って流れになるんですが、今回はプチジオラマ風のベースも作成しようかなと。
実は去年に引き続き某雑誌の有名模型コンテストへチーム戦として参加させてもらえることになりまして、自分は背景全般の担当を仰せつかったのですよ。
なので本番政策の前にプラ板工作の練習でもしておこうかなと思いまして。

っとゆー訳で、次回からはベース製作に入ります。
スポンサーサイト
【2015/02/20 13:29】 | HG FAガンダム(TB版) | コメント(0) |
HG FAガンダム(TB版) 塗装→修復→チッピング。
昨日の更新に引き続き塗装作業です。
このダラダラなブログで二日連続の更新なんてもう二度とないんじゃないでしょーか←

さて。
前回更新の最後に塗り分けが終わり確認の為に組んだ状態で「問題が発生している」と書きましたが、実は後ハメ加工してあった二の腕が差し込んだ時に割れました。
仮組み上げ写真で確認してもらうとすぐ判りますが、見事なまでに両腕ともパックリ真ん中で割れております。
加工時にクリアランスを加味しましたし塗装前の仮組みでは問題なく抜き差し出来てたんですが、やはり塗装を何重にも重ねてることで予想以上に中を通ってる関節パーツが太くなってたんですねぇ。

まぁそんな大したトラブルでもないのでささっと修復しちゃいます。
まずは割れた二の腕を再接着し、隙間を瞬着で埋めてから平らに削り込み。
20150210133224cdb.jpg
また割れても困るので今回は関節パーツを挟み込んでます。

で、関節パーツを雑にマスキングして二の腕を再塗装。
20150210133223ed2.jpg
写真がちょっとピンボケしてますけど気にならない程度に修復完了。

続いてチッピング作業です。
ただグラデにするだけなら下地を二重にする必要はなかったんですが、この時の為に一番下にガンクロームを吹いてあったのですよ。
っとゆー訳で#800のスポンジヤスリや#2000のペーパーなんかを使って角を削ったり表面を摩り下ろして下地がすけるようにしたり。
20150210133257987.jpg
しかしパーツ単位で見てるとついついやりすぎになりそうなんで自制心が大切です('A`;

そんなこんなでチッピング終了したのがコチラ。
2015021013325900d.jpg
写真の時点で左の二の腕がまだ修復中でしたが全体のイメージとしてはだいたいこんな感じで。

・・うーん、まだスミイレ等をしてないのでなんか物足りませんね。
とりあえず次はまたクリアコートしてからデカールを貼り始めます。
【2015/02/11 16:16】 | HG FAガンダム(TB版) | コメント(0) |
HG FAガンダム(TB版) 塗装。
今年もスローペースな活動で気付けば前回の更新から月をまたいじゃってますが、よーやく塗装開始です。
ガンプラでは今までソリッドな塗装しかしてきませんでしたが、FAガンダムは原作の雰囲気に合わせた塗装にしようかなと。
そんなわけで今回はMa.K.の塗装で行ってる工程で進んでいきます。

まずは全パーツに#1200のサフを吹いた後、クレオスのガンクロームを吹きつけ。
20150210133159061.jpg

ガンクロームをクリアコートで保護したら、今度はフィニッシャーズのチョコレートを吹きつけ。
201502101331589d9.jpg
下地作りはここまでで、あとは各色をグラデーションで吹いていきます。

白はフィニッシャーズのアンチフラッシュホワイト(Ma.K.用カラー)とガイアのウォームホワイトを使用。
20150210133157042.jpg
全体にまずアンチフラッシュホワイトを吹いた後、バックパックのダストシール形状以外の部分にウォームホワイトを少しずつ吹きつけて色味を調整。

青はフィニッシャーズのブライトブルーにクレオスのミッドナイトブルーをちょっぴり混ぜて調整。
201502101331558af.jpg
比較的色が暗い塗料同士をグラデで重ねた経験が少ないんですが、塗装ブースのライトが明るくないと吹き具合が思ってた以上に判断しづらいですね('A`;

キットの出来やパーツ分割はHGとして申し分ないレベルなんですが元の色設定自体が複雑なんで塗り分け箇所もたくさんあります。
そんなわけでマスキング作業も多々あったり。
20150210133222cf4.jpg
バックパックの小さなバーニアなんかは筆塗りにしようか迷いましたけど、結局こんな感じにマスキング。

足裏の塗り分けはこんな感じにマスキング。
20150210133227898.jpg
模型店で1mmから0.5mm刻みでサイズ違いの細いマスキングテープが売られてますけど、持ってると凄くはかどります。
ちなみに自分は1.5mmと2.0mmを使う頻度が多い感じ。

そんなこんなで塗り分け完了して一旦組み上げたのがコチラ。
20150210133254c4c.jpg
まだ追加処理が色々ありますけど、現時点としてはそこそこ良い感じじゃないでしょーか※自画自賛
しかし実は問題が発生してるんですよねぇ。

長くなったので次回に続きます。
【2015/02/10 15:53】 | HG FAガンダム(TB版) | コメント(0) |
ホーム