プロフィール

水際

Author:水際
模型とアクアリウム、時々バイク。

ツイッターID
@mizugiwanohito

「modelers gallery」さんに作品を投稿させて頂いてます。
登録名:keccyo
投稿作品一覧はコチラ。

ブロ友募集中。
相互リンクはお気軽に。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

wave 1/35 ラビドリードッグ 塗装。
安心してください、履いてますよ(挨拶)

はい、っとゆーわけで前回下地のシルバーまで吹き終えたラビドリードッグの続きです。
シルバーの上にクリアコートまで吹いてあるので、次はチョコレートを吹きます。
20150529140411cee.jpg
肩装甲が良い感じにチョコボールですね。
チッピングを施す作品には毎回やってる下地作りですが、塗料自体は微妙に調整したりしてます。
今回の場合シルバーはガンクローム+シルバー(両方クレオス)で、チョコレートはチョコレート(フィニッシャーズ)+ミッドナイトブルー少量(クレオス)で調色してます。
違いはなんだと聞かれると困りますが、なんとなくです←

下地塗装が完了したのでメインのカラーをグラデでどんどん吹いていきます。
まずは装甲色の青。
201505291117248f5.jpg
使用した塗料はアイスコバルトブルーです。
なんかもう毎回この塗料使ってる気がしますがとにかく良い色です。

次に太ももや二の腕、腹なんかの色。
20150529111720b96.jpg
設定ではかなり水色っぽいとゆーか多分ライトブルーそのまま使用なんでしょうけどちょっと青すぎると感じたんで、3割ほどファンデーショングレー(フィニッシャーズ)を足してます。

お次はバイザーやクロー基部等のグレー。
20150529111721113.jpg
スノーライトグレー(ガイア)を使ったんですけど、調色したわけでもないのになんだかちょっと色が薄い。
ホントはもう少し濃いグレーのはずなんだけどなあ・・まぁ色的には悪くないんで結果オーライ。

コックピットの内壁は雑にマスキングしてささっと吹きつけ。
201505291117227a4.jpg
よく使うので作り置きしてあるニュートラルグレーとウィノーブラック(両方クレオス)で調色したものです。
ちなみにコックピットの内部パーツはエスペリオルブルーをベースにホワイトとグレーを少量足した塗料で吹いてますが、写真撮り忘れました。

最後に爪部分やソリッドシューターの塗り分け。
20150529111719106.jpg
他のパーツと塗装具合が違うのでちょっとういちゃってますが、まぁその辺りはフィルタリングなんかでどーにかするとゆーことで。

ここまでで大まかな塗装は終わりで、あとはパイロットフィギやコックピット内の一部塗り分けを筆でやれば塗装完了です。
完成が近づいてきましたが、実は某SNSで行われている製作イベントに参加するので来週まで一旦休止です。
ってか1週間限定の製作イベントなんですけど、開始からもう半分過ぎちゃってるのに今から作り始めて間に合うんだろーか?('A`;
スポンサーサイト
【2015/05/29 14:59】 | 1/35 ラビドリードッグ | コメント(0) |
wave 1/35 ラビドリードッグ 製作開始。
イネ花粉がつらいです(挨拶)

イネ花粉ってなんぞやと思われるかもしれないですけどお米の稲とは全然関係なくて、河原なんかに生えてるとある種類の雑草が原因のようです。
よく晴れた日なんかに対策無しで外出すると「目が、目がぁぁ」とどっかの大佐みたいになります。割とマジで。
ウチの近辺だけでも河原の草を巨神兵が焼き払ってくれると助かるんですが、勢い余ってマイホームまで消滅しても困るので抗ヒスタミンのお薬に頼る日々です。

さて。
今回からwaveの1/35 ラビドリードッグを製作します。
20150526072530f16.jpg
最近模型仲間さんでタカラの1/35 スコープドッグを製作された方がいたんですが、すごいかっこ良かったから自分もなんか作ろうと触発されたとゆー。
まぁ製作動機なんてそんなもんですよね。
一緒に写ってるディティールパーツは製作に使用するものです。


ではまず処理が必要なパーツたちをささっと片付けます。
20150526072528afa.jpg
合わせ目が出るパーツは接着して合わせ目を消し、爪部分やパイロットの後頭部なんかの肉抜きはエポパテで埋めました。
太もも付け根の関節はダボが側面に飛び出してるので切り落としてフラットにしてます。
接着に伴い後ハメ加工が必要なのは肩装甲と降着ポーズの機構くらいですが、C形状にするなり見えない部分を切るなりするだけのいたって簡単な加工なんで割愛。

次にディティールアップ作業。
アンテナは0.5mm真鍮線とスプリングを使ってよくある感じの作りにし、基部のリベットはメタルのマイナスボルトに変更。
20150526072527a1b.jpg

クロー内にある銃口はあまりにショボかったんで穴をあけて2mmのバルカンパイプに置き換え。
20150526072553e00.jpg


装甲各所にあるリベットは削り落としてwaveのRリベット(プラ製品)に置き換え。
20150526072525f92.jpg
元のリベット跡がうっすら残るように削っておいて、どんどん接着してくだけなんで楽です。
20150526072524172.jpg
そして接着し終わったパーツたち。
あまりわざとらしいのもどうかとは思うんですけど、元のリベットよりやや大きめのサイズをチョイスしてます。

試しに組んでみる。
20150526072555fa0.jpg
なかなか良いんじゃないかと。って、元のキットが良いだけなんですけど。
あとはパネルやフックなんかを少しだけ貼りつけたりしてディティールアップは終了。

どんどん進めちゃいます。
サフを吹いてアラが見つかった箇所は修正し、サフを吹き直してから下地用のシルバー塗装。
201505260725525d2.jpg
この状態で保護用のコートまで吹いてます。
さらにここから下地塗装を重ねるんですが、今回はここまで。

ちょっと製作予定が詰まってるんで巻きで行ってますが、じっくり作りたくなる良いキットだなぁ。
プラがやたら薄かったり透けてるのはwaveらしいけど、もう慣れました←
【2015/05/26 13:10】 | 1/35 ラビドリードッグ | コメント(0) |
弐瓶文字。
毎度ながらの飛び飛び更新です。
今後も1か月以上更新されてないと表示される広告がギリギリでないところで踏みとどまるようにはしたい所存←

つい先日の話なんですが、会社の後輩がこんなものをくれました。
14655327_2154713191_70large.jpg
"BLAME!"や"シドニアの騎士"の原作者である弐瓶勉先生の様々な作品に登場する架空の企業"東亜重工"の社章と継衛のステッカーです。
この後輩は副業としてカッティングシートを使った車なんかに貼れるステッカー製作をやっていて、ちょっと前にご飯をおごってあげたお礼として作ってくれたんだそーです。ありがたや。

っとゆーわけで、以前製作した継衛のスタンドに早速貼ってみました。
14655327_2154713640_60large.jpg
おお、良い感じ。
弐瓶氏の作品に登場する文字は独特ながら一定の規則性があって魅力的なんですよねぇ。
以前どこかのサイトで弐瓶作品っぽい文字の書き方を説明してたんですが失念してしまいました('A`;

ちなみにこの継衛は最初に発売された方で、後から武装追加されたり膝関節をリメイクした"アニメ版"ってキットが出たときは「oh.../(^o^)\」ってなりましたよ。
Gレコの後枠でシドニア2期目も始まったことですしそろそろ違う機体がキット化されても良いと思うんですけどねぇ・・
【2015/05/13 01:01】 | 雑談 | コメント(0) |
ホーム