プロフィール

水際

Author:水際
模型とアクアリウム、時々バイク。

ツイッターID
@mizugiwanohito

「modelers gallery」さんに作品を投稿させて頂いてます。
登録名:keccyo
投稿作品一覧はコチラ。

ブロ友募集中。
相互リンクはお気軽に。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

ミニチュアとシタデルカラー。
いやはや暑い。
そしてムシムシ。
先日梅雨明けしましたが蒸し暑さは変わりませんねぇ・・

ところで。
最近ミニチュア塗装を始めてみたい衝動に駆られてます。
ただでさえ今年は模型製作の速度が遅いのにこの上新しいことにまで手を出そうなんて我ながら暑さで頭がどーかしたのかと思わないでもないですが、なんだかとにかくミニチュア塗装がしてみたいのです。
まぁ急に前触れもなく興味を持ったわけでもなく、Ma.K.やラビドリードッグ製作時に人物フィギアの塗装をしていて面白いなぁと思ったからなんですけど。

しかし興味を持ったと言っても何をどーしたものなのかサッパリ。
とりあえずググって調べてみた感じだと、ボードゲーム用の駒として使用されるミニチュアを塗装して楽しんでる方が多数みえるようで。
じゃあまずボードゲーム買ってみるべとゆーことで早速ドンッ!
20150722075244cc5.jpg
クトゥルフ神話を題材にした「マンションオブマッドネス」です。
怪しい建物内でスタート時は伏せられている勝利条件のヒントを探しながら登場する神話生物たちと対峙する・・と言った感じの内容で、クトゥルフ関連が好きな人にとってはたまらない内容。
しかし自分の場合有名どころの話は読んでるけど熱心なマニアってわけでもないとゆーかなんとゆーか・・
ゲフンゲフン、そんなことより肝心のミニチュアですよ。
201507220752427f6.jpg
プレイヤーキャラ用のミニチュア盛り沢山。
大きさはだいたい全高3cmちょっとってところですかね。
そして神話生物たちのミニチュアも盛り沢山。
20150722075241ca2.jpg
中央のプレイヤーキャラに比べてかなり大型な神話生物多数です。
クトーニアンとかショゴスがなかなか良さげですなぁ。テケリ=リ!テケリ=リ!
拡張パックにはさらなる神話生物も付属してるようですしいずれは手を出していきたいところ。

さて。
これで塗装する対象は手元に来たわけですが、どーやって塗装しようかと。
これまたググって調べてみたら、シタデルカラーとゆー水性塗料を使ってる方が多いようで。
一般的に水性塗料は乾燥に時間がかかるイメージですが、このシタデルカラーはミニチュア塗装用に開発された塗料だそーでざっと特徴を上げると
・有機溶剤を一切使って無いので嫌なにおいがなく健康的
・水による希釈でも乾燥が早く、15~20分で重ね塗り可能 ※乾いたら耐水性
・ラッカー塗料への重ね塗りもラッカー塗料の重ね塗りも可能
・筆ムラが非常に発生しにくい
・隠蔽力が非常に高く、黒下地に白塗料を1発塗りOK
・ベース/レイヤー/シェイド等、目的に応じた塗料の種類が確立されている
等々、メーカーの謳い文句だけ聞いてると完全無欠な究極塗料だったり。
まぁ自分はまだ使ったことないんでなんとも言えませんけど←
しかし欠点がないわけでもないようで。
・単純に値段が高い
1瓶あたり容量12mlにもかかわらず550円くらいとゆー超高額。
クレオスやガイアだと20mlで200~300円くらいだしタミヤエナメルなら10mlで150円前後ですからねぇ。
・取扱い店が少ない
近隣の模型店を回ってみたものの取扱店はゼロで、ネット上だとミニチュア専門店なんかで通販されてるのを見かけるものの在庫切れ多数。
・筆塗りに特化してるからか、エアブラシに向かない
検証してるサイトを拝見したところ吹けないわけじゃないみたいだけど、それなりに工夫がいるようで。
まぁよくよく考えれば有機溶剤使ってないんだから普段の模型用塗料みたいに希釈具合と対象との距離による揮発を考えて吹きつけるって訳にもいかないし、当然と言えば当然なのかも。

メリット・デメリット色々あげてみたところでやはり自分で使ってみないと判断できませんよねぇ・・
とゆーことでこちらもドンッ!
20150722075239ef4.jpg
通販サイトで約17000円分ほどのシタデルカラーを大人買い。
ちなみに全種類セットで購入すると65000円くらいだそーで。高っ!
そしてさらにコチラ。
20150722075238233.jpg
シタデルペイント大全。
ウォーハンマーとゆーミニチュアゲーム用駒の塗装方法がメインなんですけど、「こーゆー塗り方をしたい場合はまずこのベース塗料を塗ってさらにこのレイヤー塗料を重ねて・・」とゆー工程が写真で順を追って説明されているとゆーマニュアル本。
すごく便利なんだけどお値段7500円くらいしました。高っ!

そんなこんなですっかりミニチュア塗装用のあれこれがそろったことですし、近いうちに塗装を始めてみようかと。
近いうち・・いや、そのうち?
まぁとにかく時間が出来たらとゆーことで(ぇ
スポンサーサイト
【2015/07/22 16:43】 | 雑談 | コメント(0) |
BANDAI アクションふなっしー
ジメジメ感ハンパない日々が続いてますね。
過度な湿度は塗装作業に影響が出ますしモデラーには困った季節です。

こんな時は気分転換にサクッと完成させられるキットでも組もうとゆーことで、今回はコチラ。
20150709002927c35.jpg
BANDAIのアクションふなっしーです。
先日模型用品の補充目的で模型店に行ったときに発売されてるのを見かけてつい買ってしまいました。
ちなみに定価1080円だそーですが自分の購入価格は800円でした。

さて。
このキットはボディや頭部がソフビ素材になっていて細かい色分けはシールで再現になっています。
子供向けに考えられているのかプラパーツもランナーから手で簡単にむしり取れると説明書きがあるんですが、いざ試しにやってみると意外と取れにくかったりゲート跡が汚くなったりしたので普通にニッパーで切り取った方が良いです。
特にソフビパーツなんて変な裂け方をする可能性があるので切り取り注意だったり。

シールによる色分けは名札・目・口・腕部の袖部分となってますが、目や口はプラパーツ自体にちゃんとモールドが入ってるので塗り分け可能です。
っとゆーわけでサクッと部分塗装。
20150709002924c2f.jpg
目は最初にウォームホワイトを吹き、黒部分はエナメルのフラットブラックを筆塗り。
口は成形色が赤いので、枠部分を目同様にフラットブラックで筆塗り。
袖部分は腕を簡単にマスキングしてからライトブルー70%:コバルトブルー30%で調色したものを吹きつけ。

下半身はおもっきしモナカなんで塗装するわけじゃないですけど一応合わせ目消しだけしておきました。
20150709002922594.jpg

最後にプラパーツ全部をガイアフラットで艶消しコート。
20150709002921689.jpg

で、完成したのがコチラ。
2015070900295254c.jpg
おぉ、ちゃんとふなっしーだ※当たり前

商品名がアクションふなっしーで一応可動もするんですけど、腕や体の角度が変えられる程度で正直ポーズはほぼ固定な感じですねぇ。
ソフビのつなぎ目なんかを接着してやらないと動かす度にすぐ外れてきちゃいますし。
あと説明書きで「変色するから直射日光は避けて」とか「ソフビが伸びちゃうからポーズを付けた後は元に戻して」とか注意がいろいろあるんで子供がブンドドして遊ぶオモチャとゆーよりは飾っておくためのキットかと。

まぁ最後に色々難点書いちゃいましたけどいわゆる簡単フィニッシュ程度の手間でそこそこなクオリティのふなっしーが手に入るので、ふなっしー好きな人は買いじゃないでしょうか。
自分は大満足でした。
【2015/07/09 11:46】 | アクションふなっしー | コメント(0) |
BANDAI 1/12 ストームトルーパー 仕上げ~完成。
Let's rock baby!
・・突然どーしたと言われそーですがまぁなんとなく後で察してください(ぇ

はい、とゆーわけで前回の続きです。
とりあえず塗装が終わったんで一旦組み上げていろいろ確認。
2015070622560492b.jpg
どーなんだろう、これ。
キット作り始めの時にキャラ物を作るのが初めてだと書きましたが、それ以前にそもそもスターウォーズ自体うろ覚え状態でもう何が何だか。
まぁでもこの兵隊はショッカー隊員的ポジションですよね。
じゃあもうちょっとこき使われてる感じを出すために削ったり汚したりしていきましょう。

まずはささっとチッピング。
毎度のごとく下地にシルバー敷いてあるんで適度に削るだけです。
20150706225606ccf.jpg
スケール的にあんまやりすぎるのもどーかと思うんで角をちょろっとやる程度で。

お次はウォッシング。
201507062256055b6.jpg
作り置きのエナメルウォッシング液を吹きかけて適当に拭き取るだけ。
最期に艶消しコートしたら終わり。

で、撮影したのがコチラ。
st04.jpg
今回は黒バックです。
と言っても専用のペーパーとかってわけではなく100均で売ってた模造紙使っただけなんですけど。

プレゼント用だけどせっかく作ったのでモデラーズギャラリーさんへ投稿。
→MG「1/12 ストームトルーパー」
それにしても投稿時に説明文書いててホント困った。
だってスターウォーズもストームトルーパーも特に思い入れがないんだもの←
説明文だけでなく撮影時の迷走っぷりも含めてご覧ください※そして冒頭の挨拶となった件
このブログ更新後に友人のところへ届けに行くんですけど喜んでもらえればそれが一番かなと。

さて。
ストームトルーパーが終わったことなので次回からは小ネタや雑談挟みつつまた新しいキットの製作に入ります。
【2015/07/06 23:19】 | 1/12 ストームトルーパー | コメント(0) |
BANDAI 1/12 ストームトルーパー 製作開始。
気付けば2015年も折り返しの7月ですが特に変わり映えもなくスローペースな更新の過疎ブログへようこそ(挨拶
前回更新時に書いたガン王の最終結果発表が今月25日に控えてますが、気にしてたら胃が持たないので製作作業でもして気を紛らわすことにしましょう。

そんなわけで次はBANDAI製 1/12 ストームトルーパーの製作です。
201507021412407cf.jpg
実はこーゆーキャラ物の模型ってまったく未経験なんですが、20年くらいの付き合いになるSW大ファンな友人がマイホームを建てたのでお祝いにプレゼントしようかなと思いまして。
ちなみにキットは模型仲間のハマシさんに譲って頂きました。ありがとうございます。
ハマシさんのブログはコチラ

では早速。
まずは合わせ目を消すパーツをササッと接着。
20150702141238e51.jpg
実際目立つ合わせ目は後頭部くらいなんですけど、チラ見えする箇所含めて合わせ目消しするならそこそこ接着するパーツがあったりします。
でも後ハメ加工なんかが一切いらない新設設計。

合わせ目を消したら一旦洗浄し、#1200のサフ後毎度ながらのシルバー→コート→チョコレートの下地作り。
201507021412373f9.jpg
劇中の写真なんかではツヤツヤな兵隊しか見かけないし製品自体もグロスインジェクションの綺麗な成形なんですが、ぶっちゃけスターウォーズ全然見てない自分は知ったこっちゃないのでチッピングしまくりの薄汚れた兵隊にしてやるのですよ。

メインのアーマー色はウォームホワイトでわざとらしくグラデ。
20150702141236f91.jpg

インナースーツはゴムっぽい感じの方が良いかと思い最初にタイヤブラックを吹き、その上からシャビシャビに希釈したウィノーブラックを重ねて暗くしてます。
20150702141234eb8.jpg
どーでも良い話ですけどインナースーツはチッピングしないので下地にシルバーは敷いてません(当たり前

最後に銃器類は普通にウィノーブラックを吹き、ベースプレートはブルーグレーを雑なグラデで吹いてます。
20150702141257c27.jpg

あとはヘルメットの一部をグレーでちょちょっと塗り分けたら塗装は終わりですが、次回に続きます。
【2015/07/03 09:51】 | 1/12 ストームトルーパー | コメント(0) |
ホーム