プロフィール

水際

Author:水際
模型とアクアリウム、時々バイク。

ツイッターID
@mizugiwanohito

「modelers gallery」さんに作品を投稿させて頂いてます。
登録名:keccyo
投稿作品一覧はコチラ。

ブロ友募集中。
相互リンクはお気軽に。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

wave 1/20 Ma.K. グラジエーター+ゴーグル少女 ベース仕上げ~完成。
はいどーも。
11回目ですよーってネタはしつこいので自重します※前回更新参照


ここ数日の慌ただしさを象徴するように更新順が入れ替わりまくってますが、先日のミーティングに持っていったグラジエーター+ゴーグル少女の完成編です。
違う作業を挟みまくってて今更感満載ですけど備忘録としても一応締めとかないといけませんからね。

前回更新は小物とベースプレートの塗装途中まででした。
下地塗装が済んでる状態なので、そこから上塗りをしていきます。
201611171239083b1.jpg
グレーの上から雑なグラデで緑色を吹きつけ。
何気にこの床色ってかなり迷ったんですけど、参考になりそうな工場や倉庫の床写真見てたら緑率が妙に高かったんですよねぇ。

さらにピットスペースの周りにマスキングで定番のトラ模様吹きつけ。
20161117123905675.jpg
良い感じじゃないでしょうか。

さらにここから塗装剥がし。
2016111712390423c.jpg
緑を吹く前にヘアスプレーをぶっかけてあるので水を付けた筆で撫でればベロベロ剥がれてくるんですけどそれだけでは単調なので、爪楊枝でガリガリやってみたりペーパーでこすってみたり。
やり過ぎに注意しつつ全体的に塗装をはがしたら適当に汚しを入れてベースプレートは完成。

次に小物の仕上げ。
まずはエアブラシやら筆塗りやらでざっくりと塗り分け。
20161121020229428.jpg
カラーリングは実際にある物を参考にしたので既視感ある方もいるかも。

小物には下地にシルバーとチョコレートを吹いてあるので、使い古し感を出すためにガリガリと塗装を削り取り。
201611210202286eb.jpg
削った後にエナメルのクリアオレンジなんかでちょちょっと色を付けてサビ感をアップさせておきました。

で、小物達完成。
20161121020227715.jpg
本当はここからまだ工具類の小物を製作するつもりだったんですけど、1/20サイズのスパナとかが並んでてもグラジエーターの整備に合うんだろーかと疑問に思った・・なんてのはまったくの言い訳で時間が全然足りなかっただけです。ギャフン☆

そんなわけで最後がグダグダになりましたけど完成したグラジエーター+ゴーグル少女の画像がこちら。
ゴーグル01
グラジ04
グラジは他の作品の手直し時に合わせて油彩でフィルター掛けたりアクリルのパフをアルコール落とししたりしてます。


なんだか最初に想定してたより小物が少なくなったことでやや手抜きになってしまった感があるんですけど、まぁそーゆー持続力のなさも自分の実力ゆーことで反省して次回以降に活かしていきたいところ。
グラジとゴーグルちゃんはこれで完成となりますが金沢ミーティングで自分の中のMa.K.熱が上がってるので、年内にもう数点Ma.K.を作っておこうと思います。
その時はまた製作経過にお付き合いくださいませ。
スポンサーサイト
【2016/11/30 10:27】 | Ma.K. グラジエーター+ゴーグル少女 | コメント(0) |
SF3D 金沢ミーティング 当日。
はいどーも。
10回目です。
初の10回目です。
1ヶ月内の更新回数が初めて10回を超えますよ。
ブログ始めて2年以上経ってるのに3日に1度のペース更新したのが初めてなんて今までどれだけちんたら運営してきたのやら。
まぁ途切れて放置されてないだけ良いじゃないかとゆーことで。


さて。
現実の流れから2日遅れになりますが先日11月27日に石川県金沢市で開催されたSF3D金沢ミーティングに参加してきました。
ツイッター上で運営スタッフの方の告知をたまたま見かけてRTしたのがきっかけでしたが、丁度グラジエーター製作中だったこともあってこれも何かの縁だろうと思いまして。

当日はあいにくの雨模様でしたが遅刻することなく会場の金沢市民芸術村アート工房に到着。
2016112812380608c.jpg
早速会場入りするとみなさん慌ただしく展示準備の真っ最中でした。

会場は想像してたよりかなり広く、そしてアーティスティックな階段状の構造。
20161128123935009.jpg

そして運営スタッフの方に声をかけて展示方法の説明を受け、自分も作品を展示。
20161128123801c22.jpg
前日に銘板もどきを作った時にセットでブログとツイッター垢のQRコードが入ったプレートを作っておいて良かったです。
まぁアクセスしてくれた人がいるのかは定かではありませんが←

まだ展示準備中の方も多数いましたが9時過ぎに開場・・ってかずっと入口は開いてたかんじでしたけど。
201611281240055d3.jpg
なんとゆーオシャレ空間。
初の展示会参加がこんな素敵空間とはとても幸せです。
ちなみに自分が参加するとゆーことでわざわざ会場までかけつけてくれた金沢住まいの模型仲間の方によると、元々造船所だったところが閉鎖して一部の建物をこうしてイベント会場として利用してるんだそうな。

会場入り口にはマシーネンファンに有名な1/1のSAFSも登場。
20161128123806a41.jpg
実際に首を通して記念撮影が出来るんですけど大事なところで恥ずかしがり屋が全開になるチキンな水際さん。

昼過ぎには会場に横山先生も到着され、さっそくサイン待ちの長蛇の列が途切れることなく続きました。
順番待ち中に初めて知ったんですけど横山先生はサインに合わせて希望の絵も描いていただけるとのことだったので、自分がMa.K.を好きになるきっかけとなったルナガンスをリクエスト。
そして一緒に記念撮影までしてもらえるサービスっぷりに恐縮しきりであります。
aaa.jpg

サインして頂いた後に自分のルナガンスと並べて記念撮影。
20161128124007a23.jpg
いやもうなんとゆーかこのためだけに来たのだとしても十二分に満足できる幸福感ですよ、えぇ。


展示作品は作風の違いがあれど皆さん圧巻の出来栄えと言いますか、ぶっちゃけ下手な人がまったくいない恐ろしい空間でした。
そんな中でも個人的に気になった作品をいくつか。
・・あ、掲載に問題あればすぐ対応しますのでご連絡ください('A`;

にゃふす等の製作で有名な方のグラジエーターとスペクター。
20161128123934d86.jpg
作品自体の出来栄えはもちろんのこと、グラジエーターの上に腰かけてるオリジナルお姉さんの出来栄えが素晴らしすぎる。
商品されないだろーか・・

ケーニヒスクレーテ。
2016112812380333b.jpg
かっこいい。
超カッコいい。
いつかはキットを手に入れて作りたいけど4万7千円は高いdeath・・
2万くらいでwaveかHasegawaからプラキットでリリースしてもらえないだろうか。

オリジナルの陸戦ガンス。
20161128123803046.jpg
作品説明コメントを拝見したところ、ケーニヒスクレーテのテスト機とゆーオリ設定だそうです。
発想から造型まで全部かっこいい。
積んでる陸戦ガンスをとっても作りたくなりました。

ルナダイバーのジオラマ一式。
20161128124009e38.jpg
工作もさることながらやはりジオラマはストーリー性があって良いですねぇ。
とても参考になりました。

ルナガンスのジオラマ。
20161128123936244.jpg
シーンの設定とゆーか切り取りが素晴らしすぎる。
こーゆーセンスはどこに行ったら買えるんでしょうか。

他にも素晴らしい作品ばかりでしたが、個人的に抜粋とゆーことで。

それにしても今回展示会に参加して他の方々の作品を拝見して一番感じたのは、カスタムだったりオリ設定で手を加えられてる方がかなり多いなぁとゆーことでした。
今まで自分の中でMa.K.はいかにキットの良さを表現出来るかってことがメインだったんですけど、もっと自由に楽しんで良いんだなぁと少し世界観が変わりました。
あと、自分の塗装表現が卑下するほど悪くもなくてちょっと安心したり。

ちなみにコミュ障全開で他の参加者様方とほとんど会話するでもなかった自分は会場内をプラプラしつつこっそりと自分の作品でどれが一番受けてそうか確認するとゆーとても気持ち悪い行動をしていたんですが、結果としてはやはり「彼女がSAFSにきがえたら」を撮影してる方が多かったように見受けられました。
まぁ確かに海辺で爽やかにSAFSのジオラマってちょっと物珍しいかもしれませんしね。
次点はファルケでしょうか。
個人的にはゴーグルちゃんがもう少し受けるかと思ったんですけど、やはり世界観に合わないアニメ調キャラはイマイチってことなんでしょうかorz

そんな訳で参加決定から当日までかなりバタバタと慌ただしく過ぎ去りましたが、得るものが多い展示会に参加することが出来てとても良かったです。


余談。
模型の輸送には破損がつきものなので展示準備中も修理されてる方が多数でしたが、自分は幸いにも帰宅時にルナガンスの真鍮線アンテナが取れた程度ですみました。
今後も展示会に参加するなら安定した輸送方法を検討する必要がありますねぇ・・
【2016/11/29 18:27】 | 雑談 | コメント(2) |
続・準備アレコレ。
はいどーも。
昨日はSF3D金沢ミーティング当日でした・・が、このブログとしてはまだミーティング準備中で現実世界に追い付いてなかったりします。
ミーティングについてはまた後日とゆーことで、時間の流れをさっさと進めましょう。


えー、宿題提出間際の子供の用に前日になって慌てて作業をしております。
まずはずっとほったらかしだったファルケのベース作り直し。
ニススプレーを塗っておいた木板の上にある程度大きさを合わせてカットした100均の芝生風マット。
2016112412150858d.jpg
イメージとしては草原に着陸して愛犬と束の間の安息を得るパイロットのねーちゃんって感じですが、このままでは草の安っぽさで死んでしまいそうなのでどーにかすることにします。

一面全部草ってのも芸がないのでもう少しカットして粘度を盛りつけ。
20161124121641ab0.jpg

そしてテクスチャーペイント塗りつけ。
20161124121640f17.jpg
時間ないことだしもうこれでいいやと思いそう。
いやいや、もう少しどーにかしないと。

とりあえず草と地面の境目が唐突過ぎるので鉄道模型用の草製作セットからターフやら粉やら化学繊維やらを木工用ボンドスプレーを吹き付けて配置します。
2016112812341662b.jpg
だいぶマシになったんじゃないでしょーか※プラシーボ効果含む
ちなみに生え際だけだと不自然なので草マット上にもばら撒いて統一感を出してます。
・・出てるよね?

あとベース作りの合間にファルケ本体も油彩でフィルターをかけ直しておきました。
2016112812341625d.jpg
油彩万歳。
時間があればパイロットねーちゃんの手直しもしたかったけどそっちは結果として間に合わなかったのでした。無念。

次。
今回手直しした3作品に銘板もどきを作ってつけてみることに。
真鍮板で本物の銘板を作れればそれにこしたことないんですけど、技術も知識もないのでそれっぽく出来てればOKってことで。
ちなみに作り方は自分が編み出したわけじゃなくてどっかのスケールモデルを製作されてるサイトに載ってた方法です。
どのサイトだったかさっぱり覚えてないけどありがとうございまーす。

まずはホームセンターで売ってる転写シールを使って銘板もどきに載せる文字を作成。
2016112210063154d.jpg
普通のインクジェットプリンターで印刷出来るシールで、注意点としては写真でも判る通り印刷時の設定で左右反転(※鏡写し)にするくらいでしょうか。
あと出来る限り高画質設定。

で、印刷したシールを金の折り紙に転写。
20161128123452b5f.jpg
転写シールをはがすときに少し水を使うんですけど、金の折り紙は水弾いてくれてへっちゃらだったりします。
すごいぜ折り紙!

次は転写した銘板もどきのサイズにあわせて透明の板をカット。
201611281234505ec.jpg
表側だけでいいような気もしますけど、一応。
ちなみに自分はホームセンターで購入した1mm厚のアクリル板を使いました。

最後に四隅に貫通穴をあけて、真鍮の丸頭クギを通せば銘板もどきの完成。
20161128123449656.jpg
実際の銘板を作る手間がどれくらいなのか想像もつかないですけど、とりあえずこの方法ならある程度お手軽に作れます。
ただしそこそこ手間はかかるかな。
お手軽だけど手間がかかる・・日本語って難しい。

出来上がった銘板もどきをさっそく取り付け。
20161128123419099.jpg
ちゃんとした作品っぽい!多分。

ファルケにも。
20161128123418944.jpg
心の余裕をあらわすかのごとく無駄にスペースが広いですね。
違うんです、もっと大き目な銘板を作るつもりだったのに完成したらこじんまりしてたんです。
でも作り直してる時間がない(※作業が展示会前日)のでこのままいきます。
ちなみにルナガンスの写真は撮り忘れました。

他の展示会準備としてはダンボーmini達を完成させたりグラジ一式を完成させたり諸々あるんですけど、それはまた別の更新で完成写真とあわせてとゆーことで。
そんな訳で次回は展示会当日の様子に続きます。多分。
【2016/11/28 17:37】 | 雑談 | コメント(0) |
準備アレコレ。
はいどーも。
なにやら今日は関東方面で雪が降ったそーで公共交通機関の乱れが朝からニュースになってましたけど、自分が住んでる近辺では雪なんてまったく降ってなかったりします。
まぁ自分の場合会社の近所に住んでるのでたとえ大雪になろうとも通勤には全然影響ないんですけど、雪かきが面倒ですから出来れば降ってほしくはなかったり。
それよりも週末に展示会が開かれる金沢近辺の天気が心配ですよ。
今のところ予報では雨っぽいですが、もうこの際雪にさえならなければ文句は言いませんです。はい。


さて。
その展示会に向けてちゃくちゃくと作品制作を進めてるわけですが、今回は過去作含め5点持参する予定でいます。
1つ目はグラジ+ゴーグルちゃん。
2つ目はラプーン+お姉さんの「彼女がSAFSにきがえたら」。
そしてあとの3つはスネークアイ・ルナガンス・ファルケ+お姉さん+犬の予定。
ダンボー2体はあくまでネタ要員なので作品としてはカウントしてません。
で。
その3つを持ってくのは良いんですけど、スネークアイやルナガンスはMa.K.を作り始めた最初の頃なので今見るとちょっと色々アレな感じがするのでせっかくだから手直しをしようかと。
そこで用意したのがこちら。
2016112102030857a.jpg
油彩です。
Ma.K.やスケールモデルを作ってる方が使ってるのをよく見かけますけど、自分としては初めての試み。
グラジでいきなり試して大失敗になるのは怖いのでどうしようか迷ってましたが、お試しをかねて過去作のリメイクに使うなら一石二鳥だろうと思いまして。
ちなみにお値段は写真の20mlチューブで1個400円前後といったところで、油彩を使った模型の塗装を紹介してたサイト様でオススメされてた色をそのまま買ってみる素人っぷり。
あとは溶き油(薄め液?)としてはぺトロールを購入。
ターペンタインと迷ったんですけど説明書きによると一応ぺトロールの方が毒性が弱いとかなんとか。
健康に気を使うお年頃の嬉し恥ずかし39歳。
そんな訳で脱・油彩童貞の作業始まりです。

まずは手直し前の過去作スネークアイ。
2016112102031070c.jpg
うーん、あっさりとゆーかなんとゆーか。
そうそう、ただ手直しするだけでは芸がないのでビネットも合わせて作ります。
完成イメージとしてはこんな感じ。
2016112210071017e.jpg
月面スレスレを飛んで敵に迫ってる・・ように見えるかどうかは今後の作業次第。
ちなみに浮かせるための棒はφ3のお安い鋼材で、取り付け穴はスネークアイの足関節付け根あたりにゴリゴリっとぶちあけてます。

まずはぺトロールで薄く溶いた茶色でフィルターのかけ直し。
20161121020306151.jpg
写真の撮り方がヒジョーに悪くてアレですけど、なんだかすごく良い感じです。
あととても臭いです。
慌ててエアブラシ用のマスクを装着しました。

それにしても溶き加減が薄すぎたのかベタベタと塗り過ぎたのかとにかくやや乾燥待ちしなきゃいけない感じだったので、並行してルナガンスと勢いで結局グラジまで油彩でフィルタリングしちゃったり。
2016112102030446c.jpg
なんだかよく判らない状態ですが新しいことを試すのは楽しいですねぇ。
ただしやり過ぎ注意ですけど。
2016112102034388d.jpg
グラジは・・これよくなってるんだろーか。
いや、きっとよくなってるはずです。多分。

油彩のフィルターが乾いたら今度はアルコール落としです。
これまた薄く溶いたアクリル塗料を塗りたくり、それをぺトロールでシャバシャバとしてランダムな変化をつけます。
せっかく買ってきた油彩じゃなくておもっきしアクリル塗料になっちゃってますけどまぁ今後少しずつ使ってくから気にしない気にしない。
あ、ぺトロールで油彩のフィルターが落ちないように事前に半ツヤのラッカークリアで全体をコートしてあります。
20161121020342ded.jpg
同じような作業でウォッシングだと明度が落ちる方向ですが、今回の場合アクリルのパフを使ったことで明度が上がるのは面白い変化ですねぇ。
あとは塗料の塗り加減・ぺトロールでのシャバシャバ加減で表面の感じが結構変わってくるので慣れが必要だなと感じたり。

油彩による質感の手直しと並行してビネット台も作っていきます。
まずはホームセンターで買ってきた木材にお手軽なニススプレーを吹き付け。
20161121020343756.jpg
お手軽なのは良いんですけどメッチャ臭いです。
マスク必須。

ニススプレーが乾いたら地形作りで毎度お世話になる100均の木粉ねんど盛り付け。
2016112102033854b.jpg
今まではダイソー製でしたけど今回はセリア製。
なんだか匂いが違います。

ある程度固まったらタミヤのテクスチャーペイント土(ブラウン)をヘラで塗り塗り。
20161121020336eda.jpg
テクスチャーペイントはお手軽で毎回助かってんですけど固まるのにやや時間がかかるのが難点ですかねぇ。
あと事前に100均で買った砂利を適当に埋め込んでおいたんですけど、テクスチャーペイントでほとんど隠れてしまって順番間違えた感満載。

日をまたいで固まったところでシタデルベースのメカニカルグレーをベタ塗りし、そのあとシタデルシェイドのナルンオイルでウォッシング。
20161122100629f69.jpg

さらにシタデルのグレー系塗料各種を3種類ほどドライブラシで重ねてビネット台完成。
20161124121510ab2.jpg

質感の手直しが終わったスネークアイとルナガンスを乗っけて、なんとなくフィルターを掛けたイメージ撮影。
20161124121515ed6.jpg
2016112412151321a.jpg
・・元の状態を思えばだいぶ良くなったんじゃないでしょうか。
少なくとも今の自分の腕前なら上等ですよ、えぇ。

とりあえずスネークアイとルナガンスに関しては銘板もどきを作ってはっつければ作品として完成です。
あとはファルケのベースをなんとかしないと。
それよりなによりグラジ自体もしっかりと完成したわけじゃないんだよなぁ。
あとは前回更新まで作ってたネタ要員ダンボー2体も中途半端だし展示会まで残り数日でよくもまぁここまで問題だらけだなぁと我ながらあきれるばかり。
いや、俺たちの戦いはこれからだ。
そんな訳で水際さんの次回更新にご期待ください(フラグ
【2016/11/24 17:22】 | 雑談 | コメント(0) |
ダンボー mini 塗装の続き。
はいどーも。
週末の展示会に向けてラストスパートで今週は少しでも作業時間を確保できるようになるべく早く帰ろうと目論んでたんですが、月曜からいきなり結構な長時間残業になってグッタリしております。
夜更かししてなんとか作業しましたけど眠いったらありゃしない・・昔はちょっとくらいの睡眠不足なんて全然平気だったんですけどねぇ('A`;
そして今日もすでにそこそこ残業しなきゃいけない悪寒。
まぁ倒れない程度に頑張ります。


さて。
昨日に引き続き展示会でのネタ要員として準備しているダンボーminiの塗装の続きです。
1体目はマシーネン仕様の箱絵に合わせた塗装にしましたが、2体目はシュトラール軍仕様にしてみます。
イメージはメルジーネの箱絵に描かれてる新型都市迷彩ってやつで、キット付属の塗装カードなんかも参考にしながらシタデルのレイヤーカラーを筆塗りしていきます。
2016112210062708b.jpg
いきなりほとんど完成しちゃってる感じですけど、地味に時間かかってます。
やり始めはメルジーネに描かれてる実際の配置と合わせながら描きこんでましたけど、途中で・・とゆーより割と描き始めてすぐに「それっぽくなればいいや」と思い雰囲気重視で適当に描いちゃいました。

塗装後に一旦組んでみて全体を確認。
20161122100712b02.jpg
・・おお、なんとなくそれっぽく描けてるじゃないでしょーか。多分。
ちなみに後ろになんか写ってるのは違う作品用のベース作成を同時進行してるからなんですけど、その作業についてはまた別の更新で。

ここから1体目のダンボーminiと合わせてデカールを貼っていきますが続きはまた明日。
冒頭に書いた通り帰宅が遅くて作業時間が限られてるので少しずつしか進められないのですよ。
まだ他にも色々やらなきゃいけないことあるのに間に合うんやろか・・
【2016/11/22 12:10】 | ダンボー mini | コメント(0) |
ダンボーmini 塗装。
はいどーも。
今週末の日曜はとうとうSF3D金沢ミーティング当日ですよ。
一応この土日はかなり集中して作業出来たので「持ってける作品なくてどーしょう/(^q^)\」なんて心配はしなくて済みそうですけど、既存の作品も出来る限り手直しをして完成度を上げておきたいところ。
ってか今心配なのは無事に会場までたどり着けるかどーかなんですけどね※片道約3時間


さて。
今回の更新はネタ要員であるダンボーminiの続きです。
前回は下地塗装としてシルバー→チョコレートを吹いたところまででした。
今度はメインカラーを吹いていきます。
20161121020404acb.jpg
1体はオリーブドラブ、もう1体は昔ジュアッグを作った時に調色したからし色の残り。
下地を活かすようにややわざとらしくグラデ気味に吹いてます。

次は迷彩の塗り分け。
まず1体はマシーネン仕様の箱絵に合わせた雲形の迷彩にするので、シタデルのレイヤーカラーを筆塗りで塗ります。
201611210204021ac.jpg
あとは胸の小銭投入口と頭部横のスイッチもシタデルのシルバーでささっと塗る程度で塗り分けは終わり。

塗料が乾いたところで一旦組んで確認。
201611210204019e2.jpg
ベースカラーの指定色が手持ちになかったのでオリーブドラブを使ったせいでやや暗いですけど、だいたい箱絵の通りになったんじゃないでしょうか。

この調子でもう1体も塗り分けてからデカール→コートと進めていきます。
そんな訳で次回に続く。
【2016/11/21 14:32】 | ダンボー mini | コメント(0) |
ダンボー mini 再び。
はいどーも。
SF3D金沢ミーティングに向けてグラジ+ゴーグルちゃんの製作真っ最中なんですけど全然違うものを挟んじゃいますよー。
と言っても一応ミーティングと無関係ではないんですけどね。

お題はコチラ。
201611160757400d9.jpg
ダンボーminiです。
しかもふたつで、一つはマシーネン仕様。
以前1日モデリングでサクっと作った(※オフ会に来てたモデラー仲間のお子さんにあげちゃった)ことがありましたが、今回はマシーネン仕様で製作して金沢ミーティングの展示に軽いネタ要素として持参しようかと思いまして。
そんな訳でササッと製作開始です。

まずは接着して合わせ目消し。
201611160758012d8.jpg
写真にグラジのベースで使う小物も一緒に移ってるのは並行して製作してるからなので気にしない方向で。
あと写真に写ってるシャビーヴのスクレパー、新しく買ったんですけど超使いやすくて良いです。

合わせ目消したら洗浄もへったくれもなくそのままサフ。
20161116075844c31.jpg
前に作った時も結構気になったんですけどこのキットかなりヒケがあるんでサフ前に全面きっちり擦っときました。
あと写真にグラジのベースが写ってるのはry
ってかゴーグルちゃんと並んでるとminiでも結構デカく見えますね。

サフ後にシルバーを吹き、さらにチョコレートを吹きつけ。
20161117123906b08.jpg
グラジも下地にちゃんとシルバー吹いとけばよかったなぁと今更ながら後悔。
あと写真にグラジのベry

ここからこのダンボーmini2体をマシーネンらしく塗っていくわけですが、続きはとりあえずグラジのベース製作が完了した後とゆーことで。
ここまでやっといて塗装してる時間なくなっちゃいましたーではアホらしいので、急いで作業しないと・・
【2016/11/18 22:01】 | ダンボー mini | コメント(0) |
wave 1/20 Ma.K. グラジエーター+ゴーグル少女 微調整とベース作成。
はいどーも。
製作の目標となった月末の金沢ミーティングまでジワジワと進んでますが帰宅が遅くてなかなか作業が進まず。
進捗具合を挽回するつもりだった先週末も金曜に深夜まで残業→土曜は休日出勤とゆー最悪の流れであまり作業できないまま過ぎ去ってしまいました。
いかん。
これはいかん傾向ですよ。
こーゆー時は負のスパイラルを断ち切るために楽しいことを考えようじゃないですか。
イーヤッホゥ!
おっぱい最高!
絶対領域最高!
・・これ叫ぶことで断ち切れる負のスパイラルってのもいかがなものかと思うんですが精神衛生上深く考えないことにしましょう。


さて。
前回ゴーグルちゃんの陰影をつけるところまで作業しましたが、今回はグラジも含めて質感の微調整です。
神作品に紛れて一人だけヤバい作品で浮くことになったら二度と参加できなくなりますから少しでも悪あがきしないと。
今回は基本塗装の工程を変更したのが失敗だった気がてしょーがないんですが、シタデル使ってドライブラシやら描きこみやらを追加していきます。
20161116075807d58.jpg
多少はマシな質感になっただろーか・・いや、なってるはず。

ゴーグルちゃんも合わせて微調整。
201611160757416dd.jpg
うーん、こっちは本人でも微妙なレベルの変化なので多分時間ある時にひたすらちょこちょこ手直しし続けてそうな悪寒。


個々の完成度は置いといて作品として成立させねばならんのでベースの製作も開始です。
まずは毎度のごとくディスプレイケースに地形を作っていきます。
今回はシチュエーションを格納庫でのメンテナンス中って感じでいくことにしたので、プラ板を合わせたり下書きをしてみたり。
20161116075806e66.jpg
白いのは1mmのプラ板で、茶色っぽいのは表面に滑り止め形状がついてるプラ板。
イメージはピットガレージっぽい格納庫なのです。

格納庫内となると小物も必須ですけど、1/20サイズってなかなか商品がないんですよねぇ・・
とりあえずドラム缶はブリックワークスのアクセサリーキットを使うとして、ペール缶は1/35のドラム缶を間詰めしてでっち上げてみたり。
20161116075804c9c.jpg
かなり適当ですけどサイズ比的には悪くないんじゃないでしょーか。

実物見るまで完全に忘れてたんですけどペール缶には取っ手がありますから、側面に適当な丸モールドを貼りつけてそこに0.3mmの真鍮線で取っ手を製作し捨てサフ。
20161116075738e74.jpg
まだ持ち手部分がないですけどそれっぽく見えるのでとりあえずOK。

ベース部分はグラジの装甲と同様に質感作りで表面にグリーンスタッフを雑に塗りつけ。
20161116075846500.jpg

で、サフ→フィニッシャーズのチョコレート→ガイアのスノーライトグレーを吹きつけ。
20161116080040d17.jpg
あとは格納庫の床色を塗装ですけど雑な扱いで剥がれてきてるのを再現する為にヘアスプレーを吹きつけ。
しっかり乾燥させたいので日をまたがせます。


・・相変わらずスローペースではありますがこの調子ならグラジ一式はなんとか間に合うんじゃないでしょうか。
でも当日は他の作品も持ち込む予定だからそっちも手直しなりベース作成なりしないといけないんですよねぇ。
20161116075738032.jpg
もう随分前に製作したルナガンスですけどブログのアイコンに使うぐらい今でもお気に入りなので、どーせ展示させてもらうからには少しでも良い状態にしとかないと。
あとはファルケも今のベースだとデカすぎるのでもう少しコンパクトな物に作り変えたいですし・・
急げ、俺。
っとゆーより帰らしてくれ、会社。
そんなわけで次回に続きます。
【2016/11/16 17:24】 | Ma.K. グラジエーター+ゴーグル少女 | コメント(0) |
wave 1/20 Ma.K. グラジエーター+ゴーグル少女 ゴーグルちゃん塗装の続き。
はいどーも。
時事ネタでアレですが某大国の選挙結果を受けて悲観的な意見から真逆の楽観的意見まで様々出てますねぇ。
まぁ自分のような一般小市民にとっては何ら変わることなく普通にお仕事して日々生活していくだけなので割とどーでも良かったりするんですけど。
あ、でも円相場は勤め先の利益にダイレクトに影響するんで出来れば円安の方向でオナシャス。


さて。
前回の更新で全体の色分けまで終わってるゴーグルちゃんの続きです。
一応比較するために前回の色分け終了時の画像がコチラ。
2016110712471306d.jpg
今回はここからミニチュア塗装をかじって学習した陰影付けを施します。

まずは髪の塗装でもやったようにシタデルのシェイドカラーを使って各部をウォッシング。
20161108100512306.jpg
シェイドカラーは下地の色ごとに各種あるので、細かく使い分けてペタペタしてます。
ただし肌はここで失敗すると痛いのでだいぶ控えめで('A`;

次にシタデルのレイヤーカラーを使ってレイヤリング・・と横文字で言うとなんだか難しい感じですけど明るい部分の色をペタペタと上塗り。
レイヤーカラーはベースカラーに対してやや隠蔽が弱く透ける感じなので目的に応じて塗り重ねることで好みの状態まで持っていくことが出来ます。
境界線の部分は塗る対象側に軽く水を付けておけば自然とグラデっぽくなってなじむのでお手軽です。
そんなこんなで塗りあがった状態がコチラ。
20161108100508c9c.jpg

背面はこんな感じ。
2016110810050797f.jpg

一番最初の画像と見比べて影とレイヤリングがわかってもらえるでしょーか・
まぁまだまだへたっぴですけど現状の自分の腕前だとこんなもんですよ、えぇ。
しかしほんとにレイヤーカラーは優秀だなぁ。
こんなことなら肌の部分ももう少しウォッシングしても良かったかも・・後でもうちょっと修正することにしましょうかね。

グラジもゴーグルちゃんもまだ仕上げ前ではありますが完成に向けてそろそろベースのことも考えねばならぬので、使用予定のベースサイズに配置してなんとなく仕上がりをイメージ。
201611081005104a7.jpg
・・うーん、もうちょっとだけベースが大きいと良かったなぁ。
毎回ベースを製作するときはそのままディスプレイケースになるようにケース土台をベースとして活用することが多いんですが、商品ラインナップでこいつよりワンサイズ大きいものはかなりデカくなっちゃうんですよねぇ。
まぁ作り出してどーしても狭かったらまた考えるとゆーことで、とりあえずこのベースを使って進めることにしましょう。

そんな訳でまた次回に続きます。
【2016/11/10 12:09】 | Ma.K. グラジエーター+ゴーグル少女 | コメント(0) |
wave 1/20 Ma.K. グラジエーター+ゴーグル少女 ゴーグルちゃん塗装。
はいどーも。
相変わらず帰宅時間が安定しないので製作ペースが遅くなってますが、なんとか作業を継続してますよー。

あ。
そーいえば今月末27日(日曜日)に石川県金沢市の金沢市民芸術村アート工房にてSF3D金沢ミーティングが行われるそうで、運営スタッフの方とツイッター上で軽くやりとりさせて頂いたご縁で自分も参加させてもらうことにしました。
当日はなんと横山先生も会場にお見えになるそうなので、サインしてもらうために横山先生の書籍等を持参せねば。
作品展示の規約は一般展示に関してはかなりフリーな感じなので、今製作中のグラジ以外にも過去作を数点持ち込ませてもらおうと思ってます。
もし当日参加予定だったり見学に来られる方が見えましたら名札ぶら下げて歩いてると思うのでよろしくお願いします。
ってか、メーカー協賛があるようなちゃんとした展示会に参加するのは初めてなのでどーなることやら。
展示会経験ある方に聞いたところによると当日のやり取り用にブログのアドレスやツイッターのアカウントを載せた名刺を準備しておいた方が良いみたいですし、準備間に合うかしら・・


そんな訳できっり仕上げる必要が出来た製作作業の続きです。
前回はゴーグルちゃんの欠損してる部分をSSPで補修したところまででした。
商品名からして「ゴーグル少女」なので頭部にゴーグルがついてる造型なんですが、今回はその上からグラジ用のセンサーゴーグルを装着する必要があります。
まずはSSPを接着剤代わりにして貼り付け、隙間にエポパテを盛って成形。
20161107124712026.jpg
センサーゴーグルとゆーよりバイザーのような形状にするイメージで、元の形に合わせつつ削ります。

で、組み合わせ。
201611071247104cc.jpg
悪くないんじゃないでしょうーか。
気泡やらパーティングライン処理にやたら時間がかかりましたが他は特に加工する必要ないので塗装に移ります。

細かい部分の捨てサフが落としにくかったので溶剤ドボンで丸ごと落としてからプライマー塗布して#1200のサフを吹き、乾燥後に毎度お世話になってる肌塗装塗料セットの下地色キャロットオレンジを吹きつけ。
20161107124710282.jpg

その上から上塗り用のペールオレンジを陰影に気を付けながら吹きつけ。
201611071446522e8.jpg
多少陰影の強弱が弱まっちゃったところは後から筆塗りで補整する予定。

次に筆塗りで瞳を描きます。
ここからはいつでもすぐ修正できるように細かく塗料を切り替えていく感じで。
まずはシタデルのベースカラーで白目を塗装。
次にエナメルのブラックでアニメ調のまつ毛を目の縁取りに描き込み。
エナメルのジャーマングレーで黒目の輪郭を描き込み。
エナメルのライトシーグレーで黒目の縁だけを残して中を塗りつぶし。
エナメルのブラックでチョンと置く感じで瞳孔を配置。
エナメルのホワイトでハイライトを描き込み。
・・ってゆーのを全部やった結果がコチラ。
201611071246383c0.jpg
今まで製作してきたマシーネン用フィギュアと違ってアニメ調キャラで目が大きいからとにかく塗装しやすい。
あまりやり直すこともなくサクッと塗れました。
お蔭で途中の写真を全然撮ってなかったのはここだけの話。

ちなみに塗装中の作業状態はこんな感じ。
20161107124639775.jpg
ウォーターパレット使ってるシタデルはゆっくり塗装してても全然OKなんですけど、エナメルはいつもよりバンバン揮発して固まっていったのでちょっとびっくり。
作業部屋の気温はそんな高い訳でもなかったんですけど、空気が乾燥してたからでしょうかねぇ・・

続いて髪の毛の塗装。
こっちは瞳の時と違ってちゃんと途中経過撮ってましたよ。
20161107124736672.jpg
画像に振った番号順で
1.ブラウンで全体をベタ塗り
2.シェイドカラーで全体をウォッシング
3.レイヤーカラーを使ってハイライト
4.ベースのブラウンとの中間色を作って境界線が自然になるように塗装
・・と塗ったんですけど、結局まだ色が足りない感じだったのでこの後にバイザー塗ってからホワイトを使ってさらにハイライトを描きこんだりしました。
20161107124708aa6.jpg
拡大するとだいぶ粗が出るのでもうちょいなじませないと駄目ですね。
ここまでバイザー含めすべてシタデルカラー使用です。

肌の陰影を補正する前に全体的に塗り分けておいたほうが良さそうなので一気に塗り分け。
2016110712471306d.jpg
ニーソは適当にマスキングしてエアブラシでガイアのブルーグレー吹きつけてから、パンツと境界線を筆塗りでファレホのブルーグレーで塗装。
皮手袋・革靴はファレホの皮っぽい色したブラウン(エーデルワイス号のガリア迷彩セットに入ってたやつ)を使用。
タンクトップはシタデルのベースカラーのセラマイトホワイトを使用。
うーむ、ファレホにせよシタデルにせよある程度薄目にして重ね塗りさえすれば筆ムラなんてほとんど発生しないので優秀な塗料ですなぁ。

あとはここからシェイドカラーなんかを使って陰影付けをしていけばゴーグルちゃんは完成です。
そんな訳で次回に続きます。
【2016/11/07 15:59】 | Ma.K. グラジエーター+ゴーグル少女 | コメント(0) |
ホーム ススム