FC2ブログ

プロフィール

水際

Author:水際
模型とアクアリウム、時々バイク。

ツイッターID
@mizugiwanohito

「modelers gallery」さんに作品を投稿させて頂いてます。
登録名:keccyo
投稿作品一覧はコチラ。

ブロ友募集中。
相互リンクはお気軽に。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
WARHAMMER 40k DARK ANGELS INTERROGATOR-CHAPLAIN 製作~完成。
はいどーも。
3月とゆーことで暦の上では春となり、日没が少しずつ遅くなり始めてるのを実感されてる方も多いんじゃないでしょーか。
仕事でそんな時間に帰宅できないからどっちにしろ帰宅時には真っ暗だって人はもっと多そうですけど。
ところで我が家では自宅庭のちょっとしたスペースで家庭菜園をやってるんですが、春になったことですしそろそろ新しい作物の苗を準備しなきゃいけない時期だったりします。
昨年はミニトマトと獅子唐、あとはネギとハーブ数種類育てたんですが、畑用に全部新品の土を用意したおかげか大豊作でした。
最終的には自分トコだけじゃ食べきれない有様だったので、近所におすそ分けしても余る程の収穫量でビックリですよ。
それにしても去年家庭菜園を始めたばかりでまだまだ知らないことだらけなんですが、同じ場所で同じ作物を2年連続で育てることは出来ないんだそうですね。
連作障害とかいうらしいですけどとにかくうまく育たないらしくて、2~3年は間をあけなきゃいけないとかなんとか・・
まぁウチの畑の場合は畝(うね・・農作物を植える列)を3列作ってあるんで毎年1列ずつずらしていけばずっと同じ種類の物を作り続けることも出来るんですけど、どうせなら何か新しい種類にもチャレンジしてみたいと思ったりもするんですよねぇ。
何はともあれ自宅で作った野菜を食べられるってのは良いものですよ。


さて。
前回までツイッター上で行われてたペイントイベントに合わせてキングダムデスのミニチュアを作り続けてきましたが、楽しいし満足度も高いもののそればっかりやり続けるのも芸がないので今度はこんなものを作ってみます。
20170306081334373.jpg
「WARHAMMER 40000」のミニチュアで、ユニット名としては「DARK ANGELS INTERROGATOR-CHAPLAIN」と非常に長いです。
ってか皆さんそもそもWARHAMMERってご存知ですかね?
ミニチュア買っといてアレですけど、自分は全然判ってません←
ツイッターでフォローさせて頂いてる熟練ペインターの方々から教えてもらったり自分なりに少しずつ調べて知識を蓄えてる最中ですが、ざっくり言えばミニチュアを使用したウォーゲームでファンタジー世界設定の「AGE OF SIGMAR(AOS)」とSF世界設定の「40000(40k)」の2シリーズがあるよって感じ。
世界設定や物語が膨大に存在してるのでその辺りはまた少しずつ覚えていきますが、とにかく今回作るのは40kの方のミニチュアになります。

まずはパーツ構成を確認しつつパーティングラインの処理や接着箇所の合わせ目消し。
20170306081334b40.jpg
見ての通りプラ製キットなわけですが、質感としてはガンプラでお馴染みのABSっぽいとゆーかなんだかちょっと柔らかい感じ。
少し前に某有名ブログでAOSのゾンビドラゴンのキットについて紹介された関係でモールドの細かさやディティールの凄さが評判になったりしましたが、このキットも同様に素晴らしい造型です。
まぁキンデスの時もそうでしたがミニチュア1個で3000円前後するんだから、それくらいじゃなきゃ困るって話だったりもするんですけど。

処理が済んだところで全パーツに黒サフ吹いて、公式サイトの写真を参考にしながら順に塗り分け。
20170306081402ef3.jpg
塗り分け箇所は結構多いんですけど、なんとゆーかキンデスで気を使って美女の塗装をやってることを思えばだいぶ気楽に塗れます。
あとカラー指定がほとんどしてくれてあるんで悩まなくて済むってのも助かります。
ちなみに黒い装甲部分に関しては黒サフそのままなのはここだけの話。

基本の塗り分けが終わったらパーツごとにシェイディングし、その後にパーツを接着。
2017030608133821a.jpg
キンデスの時はパーツ接着後にシェイド塗料を塗布してましたけど、今回のは折り重なってて塗れなくなる箇所が結構あったので順序を入れ替えました。
右手に持ってるスタッフの羽部分はシェイド塗料ではなくグレイズ塗料の青を使用しています。

シェイディングが終わったらどんどんレイヤリング。
20170306081337773.jpg
指定されてるカラーを使ってどんどん明るい部分を描き足していきます。
黒い装甲部分はレイヤリング前にドライブラシ用の銀色塗料ネクロン・コンパウンドをこすり付けて質感をだし、それから縁にレイヤリングを乗せています。

さらにレイヤリング塗り重ね。
20170306081335edb.jpg
撮影時の光のせいでちょっとハイライトがぼやけちゃってますけど、2色以上色を乗せていくことで明暗のグラデーションがより際立つようになっています。
あとオマケの塗装。
20170306081400e7e.jpg
目にはシルバーを塗ってあったんですが、シタデルテクニカルの新色でシルバーに上塗りすることで任意のメタリックカラーに出来る塗料を使ってみた・・ものの全然わかんないですね。ギャフン。

本体の塗装が終わったので、あとはベースデコレート。
まずはキット付属のラウンドベースに接着し、シタデルテクスチャーの土色を塗布。
20170306081359749.jpg
わざわざシタデルテクスチャーを使わなくてもベースの表面自体がザラザラ形状なので塗装するだけで十分ジャリジャリした感じになるよなぁと塗った後に思いました。

シタデルテクスチャーが乾いたら今度は飾りつけを準備。
まずはベタなところで草。
20170306081435b91.jpg
ミニネイチャー製でたっぷり入ってるんですけど、使った後に丈がちょっと大きかったんでカットする必要がありました。
あと、こんなものも。
20170306081358eb1.jpg
グリーンワールド製の骸骨100個セット。
レジン製なので脱脂洗浄をかけてあります。
知らない人には「なんで髑髏?しかもそんな大量に?」と思われそうですけど、WARHAMMER関連の完成品はどこもかしこも髑髏だらけなんですよ。
もうWARHAMMERのベデコ=髑髏と言っていいレベルで必須なんです。そんな訳で草と髑髏を接着。
2017030608143497a.jpg
髑髏は接着後にミッチャクロンを筆塗りし、ベースカラー→シェイド→ドライブラシまでかけてあります。
最後に全体をフィニッシャーズの艶消しでコートして作業完了。


完成したのがコチラ。
20170306081500d62.jpg
201703060814596b4.jpg
2017030608145729e.jpg
祈念すべき初のWARHAMMER40k完成品。
塗装途中で必要なカラーの持ち合わせがなくて買い足したりしてたのがロスでしたけど、ボリュームの割には手早く完成まで進めれた感じがします。
ちなみにこのキャラが特別好きとかってわけではなく、取扱店で見かけてなんとなく気に入ったから作ってみただけなので詳しいことが全然わからなかったり。
ゲームに使うミニチュアなんですから性能とか色々情報があるんですけど、強いのかどーなのかもサッパリわからないんですよねぇ・・まぁ作って気に入ればそれがすべてなんですけど。

追記。
大きさ比較画像。
20170306081433062.jpg
何気に前回のモルガンたんと同じかそれより小さいとゆー。
見た目より大きく感じてもらえると嬉しいです。

そんな訳でWARHAMMER 40kのインテゲレーター・チャプレンでした。
次も引き続きWARHAMMER関連のミニチュアを作っていきますよー。
スポンサーサイト
【2017/03/06 15:24】 | WARHAMMER 40k | コメント(0) |
<<WARHAMMER AoS STORMCAST ETERNALS RETRIBUTOR & LIBERATOR 製作開始。 | HOME | KINGDOM DEATH ミニチュア SAVIOR-MORGAN(セイバー・モルガン) 塗装の続き~完成。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。