FC2ブログ

プロフィール

水際

Author:水際
模型とアクアリウム、時々バイク。

ツイッターID
@mizugiwanohito

「modelers gallery」さんに作品を投稿させて頂いてます。
登録名:keccyo
投稿作品一覧はコチラ。

ブロ友募集中。
相互リンクはお気軽に。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
WARHAMMER AoS STORMCAST ETERNALS RETRIBUTOR & LIBERATOR 製作開始。
はいどーも。
ここのところ頻繁に更新できていたのにちょっと間が開いてしまいましたが、ココらしいと言えなくもない複雑な感情であります。
そういえば我が家では猫を3匹飼ってるんですが、そのうち2匹が1週間ほど前から風邪をひいてしまってるんですよ。
すぐにかかりつけの動物病院で薬を処方してもらったんですけど、猫の風邪ってのは治るのにどうも時間がかかるようでウチの子達も未だにクシャミが止まらずフローリングが猫達のつばだらけ。
最初のうちはこまめにふき取ってたんですけど、拭いてる横でつばだらけにされた瞬間心が折れました。
まぁ猫の居住スペースは2階の限られた範囲ですし、風邪が治ったらまとめて綺麗に掃除することにします。


さて。
前回WARHAMMER 40kの初めての製作となるイントロゲーター・チャプレンを製作しましたが、今回からはコチラを製作し始めます。
20170313080414acb.jpg
WARHAMMER AoS(エイジ・オヴ・シグマー)のストームキャスト・エターナルからレトリビューターの2体セットです。
・・知らない人からすると訳の分からない語句だらけで何が何だかですよね。
もう少し丁寧に書くと、「エイジオブシグマーとゆーシリーズのストームキャスト・エターナルとゆー軍勢に所属しているレトリビューターとゆーユニットの2体セットのキット」ってことですね。
前回製作の40kが未来を舞台にしたシリーズでしたが、AoSは以前リリースされていたFB(ファンタジーバトル)とゆー中世ファンタジーのリニューアル版といったシリーズになります。
ちなみに2体セットと言ってもまったく同じものが入っているわけではなく、通常のレトリビューターとやや強い(?)レトリビューター・プライムとゆーデザイン違いのユニットのセットになっています。
あとさらにこんなものも。
201703130804121b8.jpg
同シリーズの軍勢で一番ベーシックな兵隊となるLIBARATERとゆーユニットのキット。
こちらはWARHAMMER取扱店で購入したカタログ雑誌のオマケだったり。
この3体はデザインや形状こそ違うものの使用する塗料はほとんど同じなので、今回は3体を同時に製作していく形で進めていきます。

まずはランナーから切り離しつつ構成を確認して必要な下地処理。
20170313080410e96.jpg
合わせ目を消す個所はどんどん接着していきますが、合わせ目に関係ない箇所は塗装のしやすさを優先してなるべくバラバラの状態のまま進めていきます。

合わせ目以外はパーティングラインの処理をする程度しかないのでさっさと終わらせてサフ吹きつけ。
20170313080412714.jpg
肌が露出している個所もないですし、全部まとめて黒サフです。
ストームキャストのユニットはみんな金色の鎧を身にまとってるので、メタ色の発色を浴する意味でも黒サフが良い感じですよね。

サフが乾いたらどんどん塗り進めていきます。
201703130805441c6.jpg
もう何にも説明することがないほどにただただ同じ色を塗っていくだけです('A`;
でもそれが意外と大変だったり。
1体ずつの塗装なら気にならなくても3体もやってるとどんどん集中力が途切れていくんですよねぇ・・

一通りのベースカラー塗り分けが終わったところでシェイド塗料を塗布し、そのタイミングでバラバラだったパーツを接着。
20170313080304afa.jpg
元がかなり派手な色なのでシェイディングするだけでも結構明暗がはっきりして良い感じになってくれます。
ゲームでの使用目的で大量生産するならこれくらいで完成にしちゃうのが手間とクオリティのバランスとしては良いのかも。
まぁ自分は練習もかねてきっちり最後まで塗っていきますよ。

メインの金ピカ鎧部分は1度シェイドをかけてレイヤリングを入れた後、さらに違う色のシェイド塗料で再度シェイディングしてからまたレイヤリングを進めていきます。
2017031308025800a.jpg
上の写真に比べて色合いが濃くなってるのがわかるでしょうか?
まぁ微妙な差なので判らないと言われてもデスヨネーとしか答えようがないんですけど←
コッチの方が判りやすいかな?
シェイディング1回+レイヤリング
2017031308065735e.jpg
シェイディング2回+レイヤリング
2017031308025631c.jpg
・・やっぱ微妙かorz
とにかくシェイド→レイヤーと塗り進めていったのがコチラ。
20170313080543c91.jpg
上の方のベース塗り分け状態と比べれば流石に違いが判ってもらえるかと。


なんだか似たような画像ばかりですが塗ってる本人が一番やる気をそがれつつ塗り進めてるとゆー有様。
ともかくここからさらにレイヤリングをもう少し重ねていきます。
続きは次回。
スポンサーサイト
【2017/03/13 16:41】 | WARHAMMER AoS | コメント(0) |
<<WARHAMMER AoS STORMCAST ETERNALS RETRIBUTOR & LIBERATOR 塗装続き~完成。 | HOME | WARHAMMER 40k DARK ANGELS INTERROGATOR-CHAPLAIN 製作~完成。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。