FC2ブログ

プロフィール

水際

Author:水際
模型とアクアリウム、時々バイク。

ツイッターID
@mizugiwanohito

「modelers gallery」さんに作品を投稿させて頂いてます。
登録名:keccyo
投稿作品一覧はコチラ。

ブロ友募集中。
相互リンクはお気軽に。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
KINGDOM DEATH ミニチュア EASTER PINUP TWILIGHT KNIGHT (アリソン イースターVer) 続き~完成。
はいどーも。
つい先日の土曜の話ですが、某SNSで付き合いがあるメンバーと年2回くらいのペースで開催している展示会兼オフ会に参加してきました。
展示会と言ってもレンタルしてるスペース内で参加者同士が持ち寄った完成品を披露して、意見交換や撮影をするだけの限定的な内容だったり。
もちろん一般向けでやってるわけではないので参加者以外に作品を見せることはないんですけど、以前たまたま部屋の前を通りかかって展示イベントやってるのを知った人から「見学させてほしい」と頼まれたことがあったのですよ。
で、まぁ別に良いかと許可したら同施設を利用してた関係ない人たちまでゾロゾロと来ちゃって収集つかない状況に陥ったとゆー。
例えば一般公開も含めた告知してるちゃんとした展示会ならやってくる見学者もある程度は興味があって見に来るわけじゃないですか。
でもその時は公共施設の会議室を利用してたので、たまたま施設に居合わせただけの模型にまったく興味ない人たちが完全に冷かし丸出しで押し寄せられたからこちらとしても正直気分が悪かったです。
いつかは不特定多数の人に見てもらう展示会に参加したいと思ってますけど、出来ることなら同じ趣味で興味持ってる人に見てもらい何か感じてもらえると嬉しいんですけどねぇ・・

さて。
塗装中のウサ耳アリソンの続きです。
前回はシェイドからレイヤーに入って肌の質感を乗せ始めたところまででしたが、引き続き各所にどんどんレイヤーを乗せていきます。
20170528223152581.jpg
銀髪やフードなんかにもベースと同系統のレイヤーカラーで淵や凸部分に徐々に明るい色を乗せて立体感を増していく感じ。
あと口紅を引いたり頬から顎の下にかけてシャドウを入れたりとお化粧も乗せたり。

肌の塗装がある程度終わったところでアバドンブラック+ラーミアンメディウム(多目)+ライノックスハイド(微量)で調色したクリア風塗料を右足に上塗りしてストッキングの塗装。
20170528223147c0a.jpg
元絵が片足だけストッキングとゆーなんだかよく判らないフェチなデザインなんですよねぇ。
でもキンデスらしくて良いです。

さらに塗り進めたところで全体を確認し、ストッキングの塗装やグラデーションをかけたところで雑になってる箇所を細かく修正。
20170528223221d70.jpg
場所に合わせてベースに使った色と上塗りした色の配分を変え、ラーミアンメディウムで薄めて塗ることで誤魔化・・ゲフンゲフン、ぼかしをいれます。

本体と並行して専用のベースも塗装。
201705282232451b2.jpg
なんとゆーか、塗装途中の写真撮るの完全に忘れてました(
地面の土はシタデルテクニカルのひび割れが出来るものを使ってます。
他の方が試されてて知ったんですけど塗りの厚さ加減で割れ方が変わるので、あまり細かくひび割れてほしくない箇所は適度に厚塗りしておきました。

別パーツで塗り進めてたウサギ型ランタン&謎の煙エフェクトを接着。
20170528223244b6f.jpg
そしてさらにベースと耳にかじりついてるウサギの化け物も接着し、ウサギ型ランタンに発光表現の塗装。
20170528223224b5d.jpg
発光表現は火の揺らぎをイメージしてモノトーンのグラデーションをあらかじめ筆塗りしておき、その上からクリアオレンジをハンドピースでふわっと吹きつけました。
毎度ながらのエアブラシ併用野郎です。
あとはいつも通りで全体にフィニッシャーズの艶消しコートを吹いてからブラス塗装してあるベース下側と接着して完成です。
・・そうそう、毎回わざわざ「フィニッシャーズの」と書いてますけどそこに意味があるんですよね。
使ったことない方は是非フィニッシャーズのクリアやフラットコート(艶消し)を使ってみてほしいです。
他の一般的なコートとは質感が全然違いますし塗膜もかなり強くて安心です。
実は以前撮影前の運搬でフェイド・ママンとウェンディさんをおもっきし床に落っことしていろんなパーツがもげたことがあったんですが、その時ですら塗装が剥げないレベルでした。
まぁ心臓に悪いので二度と落っことしたくはないですけど。
話がおもっきしそれましたけどとにかくコート吹いてウサ耳アリソン完成です。

完成写真がコチラ。
20170528223401c38.jpg
20170528223400c26.jpg
20170528223405359.jpg
20170528223403247.jpg
キットごとに造型の癖が違うのはキンデスあるあるなんですけど、今回の場合は困り顔の眉がモールドで再現されてたお蔭で合わせて塗装するだけでばっちりの表情になってくれました。
ウサギ型ランタン本体が銅色で取っ手の耳部分が化け物たちと同じ色なのは元絵準拠なんですけど、暗くてよくわからないのでこれでホントにあってるのかはよくわからなかったり・・まぁ別に変じゃないので良しってことで。

恒例のサイズ比較。
20170528223247dac.jpg
アリソン自体はモルガンなんかの小型なキャラよりだいぶ背が高いんですけど、屈んだ姿勢をしてるせいで全高としてはちょっと低め。
でもエフェクトやらウサギやら盛り沢山なのでボリュームはかなりあります。

恒例その2で全員集合。
201705282234020f9.jpg
今回のウサ耳アリソンでとうとう10キャラ目ってこともあってとても賑やか。
ただ冒頭ネタの展示会なんかで並べるとまだちょっとボリューム不足なので、さらにキャラを増やしていきたいところですねぇ。


ってなわけでイースター限定商品のウサ耳アリソンでした。
何気に公式サイトで販売開始から売り切れまで2日半くらいしかなかったので気付いてなくて買えなかったって人も多かったみたいですけど、無事ゲットしてちゃんと完成まで出来て良かったです。
次回更新からまた新しい製作に入りますがお付き合いください。
スポンサーサイト
【2017/05/30 16:21】 | KINGDOM DEATH ミニチュア | コメント(0) |
<<KINGDOM DEATH ミニチュア RANGER (レンジャー) 製作開始。 | HOME | KINGDOM DEATH ミニチュア EASTER PINUP TWILIGHT KNIGHT (アリソン イースターVer) 製作開始。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。