FC2ブログ

プロフィール

水際

Author:水際
模型とアクアリウム、時々バイク。

ツイッターID
@mizugiwanohito

「modelers gallery」さんに作品を投稿させて頂いてます。
登録名:keccyo
投稿作品一覧はコチラ。

ブロ友募集中。
相互リンクはお気軽に。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
KINGDOM DEATH ミニチュア Pinup Twilight Knight 製作開始~完成。
はいどーも。
なんやらまた久しぶりにスポンサー広告が出るまでブログがほったらかしになってしまいました('A`;
相変わらず仕事や子育てで忙しいものの7月に展示会に参加した後も継続して製作作業はしてましていくつか完成してるんですが、単純にブログの更新が滞ってました・・
とりあえず記憶から消えちゃわないうちにどんどんブログ更新していこうと思います。


っとゆーわけで今回のお題はこちら。
201808211507530db.jpeg
ピンナップ・トワイライトナイトです。
キンデスの看板キャラであるアリソンのピンナップ版ですが、露出がほとんどない通常版のアリソンよりもむしろこっちが通常版って感じで扱われてるような気がしなくもなかったり。

まずは下地作業。
今回はプラキット版なんですが、プラキット・レジンキットのどちらもパーティングラインやらパーツ接合部の隙間やらが結構あるのできっちり処理しておく必要があります。
20180821150749fdf.jpeg
写真の状態だと両足の太ももと包帯部分で接着されてて拡大するとおもっきし隙間があったんですが、シアノンを流し込んで自然なムニッと感になるように削ってます。
塗装後に接着しても完成度に問題ないところはなるべくばらばらのまま進めたほうが塗りやすいので、今回はこんな感じのパーツ分けで塗装を進めます。
20180821150748153.jpeg
マントとフード(頭部)の接合部はやや隙間があくので接着後に埋める必要がありますけどベースカラーが黒なのでタッチアップしやすいので後から接着することにしました。

下地作業が終わったらサフ→肌の下地カラー→肌の中間色まで吹き付け、そこからは筆塗りで進めます。
まずは瞳の描き入れから。
201808211507477ec.jpeg
SNSなんかでwipの画像を投稿すると「どんな手順で塗ってるの?」って質問が(外人さんから)よくくるんですが、
1 白目をべた塗り(はみ出しはあまり気にしない)
2 上下のアイラインを引く(この時点で瞳全体の大きさを決める)
3 黒目を入れる(まず視線を決めて中央に点を打ってから円を広げるようにしてサイズ調整)
4 虹彩を入れる(黒目のアウトラインを消さないように気を付ける)
5 あとは出来る限り虹彩にグラデをかさねていく
っといった感じです。
今回は3色ほど重ねてますけどキンデスはキャラによって造形が結構違って瞳の大きさもかなり差があるので、小さくて塗るのがキツイやつは虹彩1色かさねるだけで精一杯なこともあったり・・

瞳の描き入れが終わったら全体をどんどん塗り分けていきます。
20180821150743549.jpeg
20180821150743e22.jpeg
黒い箇所の一部やマントなんかはサフの時点でガイアの黒サフを吹いてあって、特に上塗りせずそのままだったりします。

塗り分け後はささっとシェイド。
20180821150740300.jpeg
黒い箇所はシェイドなしで、グレーの箇所なんかはしっかりと影色が落ちるように溝部を中心になるんオイルなんかを塗布。
シタデルのシェイドは謎の白化現象が発生することがあるので、修正可能な個所やなっても問題ない箇所(例えば肌とか)にしか塗布しなくなってきました。

シェイドが乾いたらどんどんレイヤーを重ねていきます。
20180821150738c4d.jpeg
20180821150803171.jpeg
20180821150804a88.jpeg
今回のこだわりポイントとしては胸当ての下が黒い下着になっているデザインなので、透ける素材っぽく塗ってみました。
なんやら妙なテクばかりどんどん上達していってるような・・

ある程度レイヤーを重ねたところで全体を接着。
20180821150800198.jpeg
この時点でマントとフードの隙間はシアノンを慎重に流し込んでふさぎ、上からアバドンブラックでレタッチすることでわからなくしています。

ここからマントのレイヤリング。
201808211507557a9.jpeg
20180821150801b80.jpeg
20180821150754e08.jpeg
1枚目のようにある程度ハイライトが乗る位置を決めて色をのせちゃって、あとは下地との境界線に中間色を作ってどんどん塗り広げてる→さらにハイライトを乗せる→ハイライトと乗せる箇所の中間色で境界を塗り広げる・・ってことを繰り返します。
最近は全体のバランスを見て、場合によっては暗色を追加で塗って全体の印影差を広くしたりすることもあったり。

最後に剣のエフェクト。
2018082115075180c.jpeg
最初にノンメタで塗ってみたんですけどあまりパッとしなかったので、結局いつものフォース纏ってます風の塗りに逃げるとゆー。
まぁこれが一番簡単で見栄えもよいんですけど、もっと色々なことに挑戦しないとなぁとは思います。多分そのうち(

あ。
そーいえば今回使用するベースですが、ストックしてるオプション品の人面石ベースが残り少なくなってきたので、おゆまるを使って作った型にエポパテを突っ込んで作った複製品を使うことにしました。
20180821150745008.jpeg
多少ディティールが甘くなっちゃってますけどどうせミニチュア本体立たせたらわからなくなるので気にしない気にしない。

で、ささっと塗装後に本体を接着し、影となる部分をささっとペイント。
20180821150806dfa.jpeg
元のデザイン画でアリソンからふわっとオーラが出てるような感じになっていたので、影も色をつけておきました。
あとは全体をフィニッシャーズの艶消しでしっかりめにコートしたら完成。

完成したのがこちら。
2018082115120079d.jpeg
201808211512010d2.jpeg
20180821151159d0d.jpeg
個人的には結構満足な出来栄えだったんですけど、最近の出来栄えの基準としているツイッター投稿時に公式アカウントが作品に反応するかどうかの勝負ではちゃっかり敗北しました(死
うーむ、お好みな感じじゃなかったやろか・・

オマケ1。
2018082115093662d.jpeg
毎度ながらのエナメル瓶とのサイズ比較。
まぁ標準的サイズって感じでしょうか。

オマケ2。
2018082115120468c.jpeg
今までに製作したアリソンのVer違い。
左のハロウィン版が一番小さく、右のイースター版が一番大きい。
でもどれもオッパイとお尻はおっきいことは変わりなし。


そんなわけでピンナップ・トワイライトナイトでした。
冒頭に書いた通りブログ更新待ちの完成品紹介がたまってるので出来るだけ短いスパンで更新していくつもりなのでお付き合いくださいまし。
スポンサーサイト
【2018/08/23 11:22】 | KINGDOM DEATH ミニチュア | コメント(0) |
<<KINGDOM DEATH ミニチュア Dragon King 製作開始。 | HOME | KINGDOM DEATH ミニチュア LionGod 塗装の続き~完成。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。