FC2ブログ

プロフィール

水際

Author:水際
模型とアクアリウム、時々バイク。

ツイッターID
@mizugiwanohito

「modelers gallery」さんに作品を投稿させて頂いてます。
登録名:keccyo
投稿作品一覧はコチラ。

ブロ友募集中。
相互リンクはお気軽に。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
KINGDOM DEATH ミニチュア Dragon King 仕上げ~完成。
はいどーも。
最近にしては珍しく複数回の製作紹介にまたがっているドラゴンキングですが、それも今回でよーやく完結です。
とりあえず前回までの中間仕上げ状態で展示会(三重プラモサミット)出品も間に合いました。
20180913150759d8e.jpeg
20180913150800f91.jpeg
キングダムデスモンスターのゲームボードを利用した展示方法も良い感じの雰囲気になったんですが、お客さんによってじっくり見てくれる方もいればガン無視でスルーの方もいるので改めてニッチな層向けのジャンルだよなぁと再認識したり。
来場して見ていただいた方はありがとうございました。


さて。
このまま「わーい、完成!」ってしちゃおうかと迷ったりもしたんですが絶対に後悔しそうなので覚悟を決めて追加の作業を行います。
説明書の挿絵でドラゴンキングの全身各所に炎の紋章が浮かび上がっているのでそれを再現します。
201809131508117ef.jpeg
いたずら書きレベルですけど挿絵を確認しながらどんな感じの模様が入っているのか形状を確認し、紙に書きだしながらどこにどんな範囲で描き込むかを検証。

デザインが確定したところでドラゴンキング本体にえんぴつで下書き。
20180913150819ce1.jpeg
ちなみにこの追加の描きたし作業をやる前にドラゴンキング本体にはたっぷりとクリアーを吹き付けて、保護してあります。
失敗したときのリカバリーも考えとかなきゃいけませんからねぇ・・

下書きが終わったら実際に炎の紋章を描き込み。
201809131509170bc.jpeg
20180913150915b67.jpeg
2018091315091474f.jpeg
紋章のベースカラーとなるメフィストンレッドで下書きをなぞりつつ実際のバランスに合わせて多少形状を整えます。

次に2色目。
20180913150912354.jpeg
20180913150909958.jpeg
ファイヤドラゴンブライトを使って多少下地カラーと調色しつつ範囲を狭めて塗り重ね。

最後の3色目。
20180913150902549.jpeg
201809131508596ac.jpeg
20180913150903f9b.jpeg
紋章の所々が光って見えるように範囲を考えながらフラッシュギッツイエローを下地と調色したりそのまま塗ったり確認しながら塗り重ね。
かなり神経使ったけど失敗なく紋章を描き終えましたよ。

ドラゴンキング本体がほぼ完成したので、次にベースの製作を開始します。
イメージはデカい人面石の上に立つドラゴン!なので、まずは人面石の自作から。
IMG_8888.jpg
1/6だったかのドール用交換ヘッドとやらを購入し、それを元におゆまるで型取り→パテで複製とゆー流れ。
しかしベースサイズが直径135mmとかなり大型の部類なので、人面石を敷き詰めようと思うとなかなかの数が必要な模様。

どんどん複製します。
20180913150804148.jpeg
2018091315080234c.jpeg
20180913150801b11.jpeg
最後の方でストックしてたエポパテが足りなくなって、ポリパテも使ってみたり。
でも気泡とか出ちゃうから個人的にはエポパテで作るほうが楽だなぁ。

人面石がそろったところでポリパテを使って隙間をふさぎつつベースに接着し、固まってからサフ吹いて確認。
20180913150810d34.jpeg

サフが乾いたら今度は人面石の隙間をシタデルのテクスチャーペイントを盛り付けて質感を作成→黒サフ吹き付け。
201809131508091b6.jpeg
20180913150807447.jpeg

ここからいよいよ塗装していきます。
まずは人面石を塗り分け。
2018091315085496a.jpeg

次に人面石の下は赤熱化した地面にするためにベースカラーとしてコーンレッドをべた塗り。
2018091315085622d.jpeg

シェイドを塗布してから地面にどんどん赤を重ねていき発光させます。
2018091315082512b.jpeg
2018091315082322c.jpeg
20180913150822069.jpeg

地面を塗り終わったら人面石にある程度レイヤー塗り重ね。
20180913150820b33.jpeg

最後にドラゴンキングをベースと真鍮線を通して接着し、ドラゴンキングの陰になっていない箇所の人面石にトップハイライトとなるカラーをレイヤリング。
20180913150921bd2.jpeg
締めに全体をフィニッシャーズの艶消しでしっかりとコートしたら長きにわたる製作の完了です。

完成写真がこちら。
201809131511411d3.jpeg
201809131511456a0.jpeg
20180913151150e5c.jpeg
20180913151146fa9.jpeg
20180913151148a88.jpeg
20180913151144302.jpeg
大きすぎて最近使ってる小型撮影ブースにはとても入らなかったので、久しぶりに昔ガンプラなんかの撮影で使っていた大型ブースを引っ張り出しましたよ。
照明は使わず窓を背にして差し込む自然光を利用しました。

オマケのサイズ比較。
20180913151152bf1.jpeg
とにかくデカい。
ちなみにドラゴンキング単体の時はプラ材でほぼモナカ構造だったので見た目のわりに軽かったんですけど、ベースがパテの塊で出来上がっているので最終的にはそれなりの重量になっちゃいました。


っとゆーわけでドラゴンキングの製作紹介終わり。
元々7月の展示会に向けて製作してたものですが、今度は11月の展示会(SCM2018)に参加予定なので来場される方にはぜひこの完全版のドラゴンキングをチラッとでも見てもらえればと思います。
スポンサーサイト
【2018/09/14 12:03】 | KINGDOM DEATH ミニチュア | コメント(0) |
<<KINGDOM DEATH ミニチュア Dragon People-female 製作開始~完成。 | HOME | KINGDOM DEATH ミニチュア Dragon King 中間仕上げ。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

ホーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。